機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.73
  • (69)
  • (46)
  • (133)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 710
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047136472

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒い三連星登場。リュウさんとマチルダさんの死は何回読んでも辛い。。

  • かの有名な黒い三連星登場。
    あとリュウさんとマチルダさん…。正直マチルダさんはそれほどでもないですが、リュウさんは…。こういうの弱いぜ。

  • ジャブロー前のクライマックスと言ってもいい巻。
    黒い三連星のドムがかっこよすぎる。
    ハモンの生き様、そしてリュウの死に様が感慨深い。
    「オルテガ! マッシュ! ジェットストリームアタックをかけるぞ!」
    「お、俺を踏み台にしたあ!!」
    地上戦の名場面中の名場面。

  • リマで補給を受けたWBはマチルダのミデアに先導されながら中立地帯のクスコを抜けるがランバラルの仇討ちを考えたハモンの特攻を抑えるためリュウが、黒い三連星のジェットストリームアタックを止めるためマチルダが犠牲になる。普段はブライトに分けてやりたいくらい白目のシーンが多いアムロだが今回はマチルダさん絡みの巻ということもあり表情が豊か。作者コメントで「やっとまんなかあたり」って書いてあるけど終わってみればこの時点でまだ1/3もいってないんだな。

  • マチルダさーんの1巻。

    リュウの死もあったりして、ホワイトベースの人間が、どんどん大人になっていかざるえない感じが良く出ています。
    若干、マチルダさんの死のせいで、リュウさんの死がかすでしまったところはありますが。
    これは、テレビみたいに30分1話の方が、気持ちの切り替えができてよいのかも。

    ミライさんは心配性ということなのですが、これは、性格であってニュータイプということではないですよねぇ?
    もしかして、安彦さん、ニュータイプのことがよくわかっていなかったりして。

    そういえば、ORIGIN映像化(映画化?)だそうです。
    凄い。
    でも、それでいいのか?とも思う。

    マチルダさんのことをマルチダさんといったり、コクピットのことをコトピックといっていた中学時代が懐かしい。

  • 原作21~24話といった辺りだが、展開は原作とは大きく離れている。しかしそのアレンジの仕方がまた技巧をこらしていると思う。中立地帯クスコでの補給シーンを入れることで黒い三連星と接触させ、三連星の出番を原作より増やしているのが大人の魅力を増している。ハモンの復讐が原作とは違うタイミングで来る点は一概に良いとは言えないが三連星に繋いだのは素晴らしいアイデアだと思う。ハモンを助けたタチ中尉の描写にもこだわりが見える。
    なお、初登場のドムの描写はあまりにも格好よすぎてドム好きの私は思わず涙腺を刺激されてしまうレベルだった。また、カイのレビル批判やキャノンザク(ザクキャノンではない)も見物。

  • マチルダさぁぁん!の台詞で有名なマチルダさんが散ってしまわれます。
    口は悪いけど、頼れる兄貴だったリュウ・ホセイも。
    って、なんだか戦死者を報告する場になりつつある…。

    あと、かのジェットストリームアタックで有名な黒い三連星が登場しますね。
    あっという間に二連星になっちゃいますが。

    って、これ感想と云うよりただのネタバレじゃ…。

  • ジャブロー編・前

    黒い三連星

    クスコでの出会い

    ハモン特攻とリュウの死

    マチルダ戦死

  • アニメ版ではこのあたりが中盤の山だったかな。リュウとマチルダさんが立て続けに逝ってしまうとは衝撃的。

  • リュウ・ホセイ、そしてマチルダさん散る!

全20件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7) (角川コミックス・エース)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする