探偵儀式 (2) (角川コミックス・エース)

制作 : 箸井 地図 
  • 角川書店
3.20
  • (9)
  • (12)
  • (114)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 266
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047137103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笹山サーガとか言ってます。
    「黒鷺死体宅配便」が、この「探偵儀式」の後にくる物語だというのも、けっこう無理があると思います。

    そして、サーガとか言って設定を作り出すと、とたんに創作意欲がなくなるというパターンが多い原作者だけに、どうなることやら。

    あっ、だから今回は、設定詩を作らずにいい加減にやっているのか?

  • 鯖一郎……

  • 箸井さんが好きで買ったマンガ。清涼院さんが原作で大塚さんが手直しだから大丈夫かなー?とか思ったけど、マンガになると読めるね。でもやっぱりノロい、進み方が。

  • 話の展開の仕方が強引だけど、続きが気になる。

  • 笹山さんて、泉鏡花でいえば「草迷宮」の小次郎法師、三島由紀夫でいえば「豊饒の海」の本多某のような存在なんだろーな。「記録者」というか「立会人」というか、そんな感じ。決して死ぬことは許されず、見届けるという役目を負ったひと。「なにもないところへ来てしまった」とか言い出さないことを願おう。

  • 1巻でもう買わないって思ったはずなのに買ってしまった。でも多分これからが面白くなるんじゃ……と期待したい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ミステリー作家、英訳者

「2015年 『努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清涼院流水の作品

ツイートする