機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (カドカワコミックスAエース)

  • 角川書店
3.76
  • (79)
  • (46)
  • (142)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 771
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047137141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今更ですが、「The Origin」を少しづつ読んでいます。
    あえて、私なんかがレビューを書くまでも無いと思っていましたが、9巻で書きます。

    9巻では、
    宇宙世紀0068年からの事が書かれています。サイド3が、ムンゾ自治共和国と呼ばれていた時代です。

    そう。ジオン・ダイクンが演説中に倒れた瞬間です。
    9巻の終わりは、キャスバルとアルテイシアが、ジンバ・ラルと共にザビ家から逃れ、地球に逃げ出す所まで。

    以降、14巻のルウム戦役まで。この6冊だけでも読む価値があります。

    キャスバルが、どうやってシャア・アズナブルになったのか?
    アルテイシアはなぜ、セイラ・マスなのか?
    士官学校時代のガルマとシャアのエピソードもある。

    小説版のファーストガンダム全3冊を持っていますが、この部分のエピソードは無かった・・・

    さすが、21世紀になってから書かれたものですね。
    これまでの空白を十分に補完して余りある!

    今更、ファーストガンダムでドキドキするとは思いませんでした。

    • だいさん
      >キャスバルとアルテイシア

      この兄妹すごいよね!
      私もドキドキしました。

      >キャスバルとアルテイシア

      この兄妹すごいよね!
      私もドキドキしました。

      2014/02/08
  • 冒頭は8巻からのジャブロー攻略戦後の雑談にてスレッガーさんがセイラさんに、「あんた 男のことで悩んでる相が出てるぜ」と言われそれがキャスバルのこと、つまり、セイラさん目線で兄さんとなり、過去のキャスバル(シャア)とアルティシア(セイラ)の話に突入するのが自然で良いと思いました。
    なぜ、キャスバルはザビ家を呪うように恨み、ラル家には優しいのかが描かれてます。
    何より良いと思ったのが若き頃のランバ・ラルが格好いいし、可愛いものに目が無いんだな!と思いました(笑)ネコと幼少の子特に、小さい頃のセイラさんに「オジサン好き!」と言われ抱っこしてる時に抱きつかれ照れてたのが笑えました(笑)何て言うか優しさ溢れてるなと好印象。
    また、キャスバルはプライドが高く大人の事情も少しわかる程度で、それに対しアルティシアは好奇心の塊のような感じで無邪気な感じもあり、子どもながらも初めて宇宙から月へと向かうとき、初めてスペースコロニーが何なのか知り、月と地球のことも初めて知ったりと成長していくという所で終わります。
    ギレンは昔からキャスバル(シャア)とラル家を危険因子として扱っており、真の黒幕はやはり、ギレン・ザビだったという正に悪役だが、誰が悪い訳でも無い感じですね...地球連邦に9巻では加担してますし...ガンタンクが表紙に描かれてるのは後半でわかります。

  • キシリアの髪型…。

  • 映画の原作。1冊部分がまるっと映画の一時間になっていますが、かなり忠実に映画化されたんだなぁと思いました。キャスバルとアルテイシアがカワイイ。それとランバ・ラルがカッコ良くてハモンさんが男前。地球に行った彼らがどうなるのか楽しみです。

  • シャアとセイラの生い立ち編。名家に生まれて色々と苦労したんだな。シャアの強さや執念はここから生まれたんだなと思う。

  • シャア&セイラの生い立ち編。
    この巻はまだ政争に巻き込まれるキャスバル&アルテイシアのゴタゴタ中心で、特にキャスバルはあまり前に出てこない。アルテイシアの可愛さが印象的なお話。とはいえ、ザビ家の女戦士と対峙するキャスバルは、のちのカリスマ性の片鱗を見せていたし、聡明なお子なのですね〜という感じは伝わってきた。

  • ウワーッかわいいーっヒエーッ
    突然のネコミミ幼女など…卑怯だぞ!
    手錠かけられても命じるキャスバルくんとかずーと前髪弄っとるガルマくんとかああーっくそーっ
    そしてランバ・ラル…こんなもん好きになっちゃうに決まってんだろうが!

  • セイラの回想。U.C.0068、サイド3ムンゾ自治共和国。
    ムンゾ自治共和国議長のジオン・ズム・ダイクンは、演説の途中で何者かにより毒殺される。
    ザビ家の仕業とみたジンバ・ラルは、息子のランバ・ラル大尉にダイクンの妻アストライア以下家族を守らせる。
    ジオン・ズム・ダイクンの国葬後、サスロ・ザビが暗殺される。
    キシリアとキャスバル少年の対峙など、THE ORIGINらしいエピソードが満載。

  • 過去編突入。急逝したダイクンの葬列にてサスロ・ザビが爆死、対立するラル家の邸宅を訪れたキシリアは11歳のキャスバルと会談を行う。ダイクン邸に連れ戻されたアストライア親子をサイド3から脱出させるべくハモンは連邦軍を装いガンタンクでダイクン邸へと乗り込む。ちびガルマといい真っ黒のドズルといい、ザビ家の人間にばかり目がいく。サスロってこの巻読むまで存在自体知らなかったぞ。庭師風のギレン。ガルマ国葬の時のようなイメージが強いから新鮮だ。

  • ここからは今までは設定のみでこういった媒体では詳しく語られてこなかった戦前の話が展開され、この作品の真骨頂とも言うべき所だろうか。
    シャア・セイラの過去を軸に戦前のジオン公国成立付近の話が描かれる。
    ジャブローからスムーズに導入し、ダイクンの死を最初に持ってくることで非常に劇的に演出されている印象。
    ザビ家内での力関係が本編の印象そのままにさらに具体化されているような感じで呑み込み易いとともに興味深さも感じる。
    ラルとハモンや後の部下たちの出し方が凄まじく面白い。現状ラルと兄弟の絡みが少ないのは気になるが、全体的に魅力的に話が展開している。
    ガンタンクが戦前から存在している設定は受け入れられるかどうかといった感じか。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身。
アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。
『ナムジ』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。
〈クラッシャージョウ〉シリーズの装画、挿絵は一貫して手がけており、劇場版『クラッシャージョウ』の監督をつとめる。


「2020年 『乾と巽―ザバイカル戦記―(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(9) (カドカワコミックスAエース)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×