機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE (2) (カドカワコミックスAエース)

著者 :
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店
3.37
  • (22)
  • (18)
  • (114)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 242
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047137486

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カラーの扉絵3人組がもう…!!

  • パトリックについての想いや己への懺悔、後悔を掬い上げてくれた議長の下へと就くことを決めるアスラン。
    再び纏う赤服。
    それはザフトとしてではなく己が信念を守り貫くため。
    アスラン好き、そうでない方にも一度読んでみてほしい連載THE EDGE第2巻。

  • ハイネ登場。
    カッコイイです。アニメより登場シーン多いです。

  • 機体の描写もお上手v

  • アスシン!

  • イメージ回復。
    民法の事例問題でガンダムの他人物売買とか。甲、乙、丙じゃ味気ないので、登場人物も、アスラン、きら、シンとかやると少しは楽しめるかも。
    ステラ〜

  • だ・い・す・き!!

  • ハイネがめっちゃかっこよかった!絵がかわいくていい

  • 口絵にイザークとディアッカがいるから!墓参りのところが収録されてるから!!

  • シンとアスランの関係が丁寧に描かれていていいと思う。
    「お前がエースだ。」とシンを認めるアスラン。
    シンが子供たちに銃の撃ち方を教えてるシーンが非常に印象的でした。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新潟県生まれ。2000年にメジャーデビュー。以後、ライトノベルの挿絵仕事 を中心に多岐に渡って活動。青い鳥文庫では、同じ著者とのコンビで『平家物語 夢を追う者』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』の作品があるほか、『パセリ伝説(全12巻)』、『パセリ伝説外伝 守り石の予言』、「ラ・メール星物語」シリーズの挿絵をてがけている。漫画の作品に「聖闘士星矢 セインティア翔」シリーズ(車田正美・原作/秋田書店)ほかがある。

「2018年 『紫式部日記 天才作家のひみつ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE (2) (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

久織ちまきの作品

ツイートする