交響詩篇エウレカセブン (3) (カドカワコミックスAエース)

  • 角川書店
3.48
  • (74)
  • (70)
  • (291)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 964
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047137837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年11月30日

    <Psalms of Planets Eureka seveN>
      
    装幀・デザイン/草野剛

  • 実は、テレビシリーズを何話か見て、けっこうコロッと参ってしまっています。

    相手がなんであれ、受け入れられてしまうということ。そういう話に、けっこう弱かったりします。
    昔、かがみあきらが、マンガでやろうとしていたことと似たような感じ。あの作品は、未完になってしまったけれど。

    うーん、テレビシリーズは、終盤にむけて走っている感じです。
    テレビが終了しても、コミックの方も、丁寧に続けてかいていってほしいなぁと思います。

  • 2013.11.09

  • ホランドが手厳しい.自分のしたことの責任は自分で取らなければならないなら,取れない責任が伴うことはできない? でも,それじゃ失敗が許されなくなってしまう.再出発だ.

  • アネモネ痛そうだな…

  • 売却済み


    ロジカの最後の言葉
    「信じるのが辛いなら信じるのをやめればいい 裏切られることなんてないんだから」
    愛とは無条件に相手を信じることだ、って話をした後に持ってくると凄く重たいわー(・_・;)

    戦う意味を見失うドミニク。
    デューイと再開するホランド。
    コーラリアンとしての一片を見せ始めるエウレカ。
    物語が動き始める巻。

  • レンタル
    エウレカセブン3

  •  つらいし悲しいところで終わってしまった……

     どうやら自分の知らないところで、結局初めから巻き込まれていたことを知ったレントンは、やり場のない気持ちのはけ口が見つけられなくて。
     ついうっかりエウレカにひどい言葉をぶつけちゃって。
     それにショックを受けたエウレカは自分の殻に閉じこもってしまう。

     というような感じですかね?
     なんかもう、エウレカの殻の閉じこもり方が、かなりえぐいし。
     そのおかげで取られたアミタドライヴを取り戻すために、ホランドは敵陣へと乗り込んで重症を負う……というか、あれでも生きてられるレベルなのがすごい……
     あれは「重症」なんてレベルじゃないよ……
     いつ死んでもおかしくないよ……

     そんなわけで、あんまり救いのない話。
     でもまぁ、最初からそんな甘くて優しくてかわいい話だと思って読んでないので個人的にはまったく問題ないです。

     それでもつらくて悲しいのには変わりないんですけどね。

  • 2009/01 レンタル

  • 1〜3巻所持。

全28件中 1 - 10件を表示

交響詩篇エウレカセブン (3) (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

片岡人生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

交響詩篇エウレカセブン (3) (カドカワコミックスAエース)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする