探偵儀式 (3) (角川コミックス・エース)

制作 : 箸井 地図 
  • 角川書店 (2006年3月25日発売)
3.33
  • (14)
  • (13)
  • (91)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :239
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047137998

探偵儀式 (3) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結局、この「探偵儀式」にも、バーコード殺人事件のときのように、誰か監視して裏で操っている人がいるということでしょうか?

    それは、結論的に、おもしろくないなぁ。

  • 徐々に物語が動き始めておもしろい

  • 大塚 英志だから買った(爆)人の名前に一々笑わされる。つうかこの探偵キャラってアレだよな・・?

  • 3巻まで持っています。大塚原作作品で、これが一番好きかもしれません。ださい!でも、かっこいい。なかなか目が離せません。いったい誰が主役なんでしょうね。どうして、みんな一癖も二癖もある格好なんでしょうね。なんだかとってもシュールです。

  • 「あんたらは現実の事件とミステリー小説をごっちゃにしてるのさ」という、2巻から続くキーワードがより激しく強調されたこの3巻(しかも子供相手に容赦なかった。。。)。 んー、虚無っぽくなっていくのかなあ(微笑)。探偵達には既に厭と云う程自分自身の「犯罪」を思い知らせたようだしなあ。先が楽しみだす。

  • おもしろくなってきたああ〜〜!
    可愛い絵なのに、結構バッサリ人が死んで行く
    読みやすい

    少しこの世界の状況やキャラが見え始めてきた巻。
    次巻が楽しみ。

  • 三巻まできたけど未だに何の話で、誰が主人公なのかさっぱりだ…。まあ、気づけばあらかたのキャラは退場しちゃってるんだが…。そして誰もいなくなるの?

全7件中 1 - 7件を表示

清涼院流水の作品

ツイートする