犬ガンダム 地上編 (カドカワコミックスAエース)

  • 角川書店 (2006年4月22日発売)
3.02
  • (1)
  • (9)
  • (43)
  • (2)
  • (4)
  • 本棚登録 :111
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047138131

犬ガンダム 地上編 (カドカワコミックスAエース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ガンダムに関するキャラクターが、全て犬になって登場。ゆるゆるのギャグとのことだが、人語の台詞ながら犬が実生活でする習性を行うことや、一部のキャラクターが悲惨な目に遭う場面があり読む人を選ぶものとなっている。

  • 唐沢なおき節、全開

  • 連載中は、「なんちゅうアホな…」としか思っていませんでしたが、こうやってまとまって読んでみると、かなり徹底しているのがよくわかります。

    死なないと1回決めたら、絶対死なない。そして、それをストーリーに絡める……。どう考えても、最後には収拾がつかなくなっていくだろう。でも、その収拾のつかなさすらも、この人の芸なのだと。

    深いのか?

    いや、わたしは、富野さんがあてこすりをされているというのは、考えすぎだと思います。

  • 「機動戦士ガンダム」のパロディです。なんとなくオリジナルのストーリーに忠実なような気がしますが、オリジナルがなんだったか忘れてしまう面白さがあります。

  • 全部犬です。
    ガンダムも犬です。
    ザクなんてベコですよ。。。
    シャアでやっと赤ベコですよ・・・

    あんまりおもしろくないです。

  • ナゼに犬ガンダム。なぜなら登場するのが犬だから。

全7件中 1 - 7件を表示

犬ガンダム 地上編 (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

唐沢なをきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

犬ガンダム 地上編 (カドカワコミックスAエース)はこんなマンガです

ツイートする