ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1) (カドカワコミックスAエース)

  • 角川書店
3.34
  • (62)
  • (68)
  • (383)
  • (13)
  • (0)
本棚登録 : 854
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047138155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 番外編だが…
    本編も真っ青の猟奇的展開!!!
    視点もいい!

    あの家のインパクトと描写とタイミングは秀逸!!!!!


    絵がもうちょっと好みだったら★5かなー。
    ちょっとクセが強いかな?
    あとあの制服は…どうなんだろう。

  • 昭和58年、夏。
    夏美たちがこの街に引越してきてから1年が経とうとしていた。新しい生活にも慣れ、友人に囲まれた平穏な毎日を送る夏美。
    しかし、ある日TVから流れてきたニュースが彼女の運命を大きく変えることに……!? ある寒村で発生したガス災害。それは、夏美たちがかつて住んでいた町を巻き込む大災害だった。事件に動揺する夏美の祖母は「これはオヤシロさまの祟り」だと夏美に告げる。祖母が訴える「オヤシロさまの祟りとは……。事件を境にはじまった祖母の奇行。家族内の不協和音。平穏な日々は影を潜め、夏美の周りで何かが変わりはじめていた……。

    話題のサウンドノベルゲーム「ひぐらしのなく頃に」の原作者・竜騎士07が書きおろしで贈るジェットコースター級のサスペンスホラーがここに登場。新たなる「ひぐらしのなく頃に」の幕が上がる!!(背表紙文より)

    「ひぐらしのなく頃に」シリーズ史上、一番リアルだと思ったのは自分だけだろうか?

    “宗教”をクローズアップすることによる家庭の崩壊は、今なお現代で起こっている暗部

    時代を背景に起こる非日常は、本当に今のあなたに起こるかもしれない恐怖を体感しやすい

    ある意味、おすすめの一冊かもしれない

  • オヤシロさまの祟りは雛見沢を離れて……。
    日常が壊れていく――

  • 所有
    ひぐらしのなく頃にの番外編。
    こういうのはむしろ同人でやってみたいと思える。
    何か物語を自分でつむぎたいと思った。

  • 2巻完結

  • 外伝が出てるとは知らなかった。ばーちゃんコワい・・・((((;゚Д゚))))

  • 6/1
    衝撃的。原作では描かれていない時間で起こる物語。
    描写とラストに度肝を抜かれました。夏美かわいいー

  • 【Y】

  • かあいい・・・

  • 09.4.8

全68件中 1 - 10件を表示

ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編 (1) (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

鬼頭えんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする