マヒルの用心棒 (#1) (角川コミックス・エース (KCA98-10))

著者 :
  • 角川書店
3.18
  • (7)
  • (7)
  • (39)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 118
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047138766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2007年4月4日読了。

    異能力者とか中学生とか、用心棒なのに神主(代理)とか、萌え要素満載のおはなしですわ~流石大岩せんせい! ビルの屋上に神社だなんてとっても新しいー!

    雑居ビルの代理管理人で神社の神主で用心棒。変なメガネに茶髪の井之頭幸人=烏冷蛇(ウー・レンシェ)。危ない橋を渡りながら出会ったのは、実管理人の小百合。彼女は現在行方不明で、彼女を探しにやってきた妹・真日流が現れてから、にわかに楽し騒がしくなる周辺。「老子の書」って妙な本が鍵らしい。

    怪しげなお兄さん方とカワイィ中学生たちがいっぱい出てきますが、表で派手に立ち回る幸人、ユキちんよりも、影で蠢く回線マニアのテツが超気になるです。こいつもかなり怪しげだけどな。

  • ジャンプの売れない漫画の打ち切り並に終わりが早い作品。
    設定的には話の展開の仕方なんていくらでもあっただろうに…フロシキ広すぎて手に余ったの?

    やれ特殊能力だー格闘だーと迷走していたしラスト意味不明。

    伏線回収しきれてないのもマイナスポイント。

    絵と設定は評価できたので途中まで○という事で☆2つ。甘めかなぁ。

  • まあ割とありがちといえばありがちな。いつの間にか、こういう話が増えたなあ。ボディガードものとか特殊能力ものとは、正直食傷気味なので、イマイチのりきれなかった自分がいる…。

    どうやら二巻で打ち切り的に完結、という話も聞いているので、一応続きは読む予定。

  • 絵はきれい、キャラクターは魅力的。
    この巻では、伏線を張っている段階で、ストーリーは読めません。
    続きを読まなくても困らないでしょう。

  • この人の絵好きです
    さりげなく格好いい感じがいい

  • え ちょっと続きは?
    これで完結だなんて言わせないんだから!
    想像力の乏しいわたしは
    二巻を読み終えて久しい今も
    まだおろおろしています。
    設定資料集みたいな感じで構わないので補完してほしい。

  • 主人公かっこいいよ…

  • やっぱいいわ〜、これ

  • 素直になれたらいいのにねぇ。<BR>
    なんかそんな感じ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

漫画家。代表作『NHKへようこそ!』など多数。

「2016年 『アウトロー・ワンダーランド 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マヒルの用心棒 (#1) (角川コミックス・エース (KCA98-10))のその他の作品

大岩ケンジの作品

ツイートする