失踪HOLIDAY (角川コミックス・エース (KCA170-1))

著者 :
  • 角川書店
3.42
  • (55)
  • (84)
  • (283)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 796
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047138780

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 失踪して疾走する。がんばれええええええええええええええええええええええええええええええ。

  • もっとドロドロとしたイメージの乙一さんですが、
    そんなこともなく、さくっと読める作品です。

  • パパさんが大好きです。
    ナオがイメージ通りの娘で、
    構成とか上手だなぁって思う。
    さすが乙一さんです♪
    清原さんの絵がしっくりきて良いですね。
    お気に入りの一冊です★

  • 実家からサルベージ。
    本を読み始めた頃に超超はまった乙一さんの原作を漫画化。

    乙一さんのやつは、大岩さんとか清原さんみたいな絵がやっぱり似合うなぁ。

  • 表紙の割に中身が軽く、金持ちお嬢様のイタズラってだけで特に惹かれる部分もなく面白いと感じなかった。原作は読んでいないが漫画にしてしまったことが残念に思える。逆に原作を読みたくなった。

  • 終わり良ければすべて良し。

  • 甘ったれた子どもの、親の気をひきたいばかりの狂言が、いつのまにか事を大きくして、閉じ込もってたつもりが、実は閉じ込められていて、それでいて、いままでわからなかった気持ちがだんだんわかってきて。ブラックで一筋縄ではいかなくて、それでいて、ところどころ、くすっと笑えるユーモアをかんじて。

  • 乙一シリーズを集めようと購入!
    私的に物語が好きなわけではないので他の2冊のがオススメですかね?

  • 絵がきれい。先の読めない展開で面白かった。
    (ちょっと無理じゃない?って部分もあるにはあるけど)

  • 乙一の『暗いところで待ち合わせ』を、はじめコミックで読み、おもしろかったため原文で読んだので、今度はこの作品のコミカライズ版を読んでみました。

    自分が家族に愛されていない、家の中で居場所がないと思う少女が、若い家政婦に協力させ、自分で自分の誘拐事件を仕立て上げる話です。
    かわいらしい設定で、穴が多すぎる計画なので、逆にその狂言誘拐計画がばれないようにと願ってしまいます。

    乙一らしく、最後にやはりどんでん返しがありました。
    基本、誰かを憎んだり恨んだりすることのない、笑いどころも随所にある明るいストーリィでした。
    ただ、ほのぼの路線のため、作品の持つ迫力の点ではいまひとつ。
    あとがきによると、21歳の時の初期作品だそうです。

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

失踪HOLIDAY (角川コミックス・エース (KCA170-1))のその他の作品

乙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乙一
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

失踪HOLIDAY (角川コミックス・エース (KCA170-1))を本棚に登録しているひと

ツイートする