機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編 前 (角川コミックス・エース 80-18)

  • 角川書店
3.88
  • (59)
  • (33)
  • (76)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 576
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オデッサ編・前編。ホワイトベース的にはベルファスト基地からジブラルタルまでの道すがら。つまり一巻通してミハルの話なわけだが、本編よりもじっくりここを描いている印象がある。とはいえ、ここまでオリジナル展開を挟んできただけに、ほぼそのままなこの一冊の満足度はそんなに高くなかった。欲張りすぎだろうか。

  • ミハルとカイのやりとりは何回読んでも良いね。

  • 時間軸は再びジャブロー襲撃後へ。ベルファストにてジオンの諜報員として雇われたミハルと出会ったカイはジブラルタルへ向かうWBの内部で彼女と再会、追ってきたマッドアングラー隊のMA・MSを撃退するため二人はガンペリーで洋上へ出る。アニメ版では特にフォローのなかったミハルの弟と妹のその後だがアストライア財団という組織の保護下にあるらしい。マッドアングラー隊には勝手に頭のおかしい奴が多いイメージを持っていたのだがシャアにもバカ扱いされていたのか。

  • マンションで読む。再読です。毎度のことですが、うまい。絵だけではなく、表現もうまい。このシリーズ読破しますか。

  • ミハルの弟と妹が心配。

  • やっと本編復帰。
    しかし、コミックスで6冊も別の話挿まれると、どういう行動中だったか分んなくなるなぁ。

    もちろん自分の適当な記憶力はタナあげ。

    この巻は、カイのちょい悲しいお話でしたね。
    って、感想それだけ?

  • オデッサ編・前

    ミハルとの出会い

    ベルファスト攻撃

    マットアングラー隊追撃

  • アニメもそうだけどミハルの話はやばい。

  • カイとミハルの恋物語

  • ミハルの話はやっぱり名作だなあ

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

北海道出身。アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編 前 (角川コミックス・エース 80-18)のその他の作品

安彦良和の作品

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編 前 (角川コミックス・エース 80-18)を本棚に登録しているひと

ツイートする