機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE Desire (1)

著者 : 矢立肇
制作 : 久織 ちまき 
  • 角川書店 (2007年6月26日発売)
3.52
  • (15)
  • (11)
  • (47)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139305

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE Desire (1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オムニバス形式でアスラン視点であるTHE EDGEでは描けないところを補填する作品。元々アスラン視点のために作っているのだから必要性はそんなにないが、各キャラの心情描写がなかなかよく考えられていて面白い。
    最初のシンの話からアスランを落としてからのシンが非常に苦悶していたように描かれているのに魅せられる。特にシンの描写をするのがメインのようにも思える。
    カガリが国を取り戻す過程における心情描写も分かりにくい部分があるので非常に興味深い。
    レイはシンを気遣う形で描かれるのが面白い所。
    そんなメインキャラの中ミーアが深められているのも良い所。アスランと分かれてから最期の場へ赴くまでがしっかり扱われているので面白い。

  • ちまき先生のシンはかわいすぎるw

  • あにめ本編でわかりにくかったキャラの心情がわかりやすくてとてもいい。

  • アスラン(一部違いますが)から見た種D。絵もストーリーも凄く好みでした。

  • 絵はきれいだよ。シンはまぁ、シンだけど

  • シンの想いが切実に綴られている素晴らしい短編集。
    サイン会で、ちまき先生に直筆のサインを貰った思い出の一冊です。

  • それぞれの視点からみたオムニバス作品。<br>
    どの話も、じんわりときました。

  • シンエピソードが印象に残ったかな。
    続刊楽しみ。

  • アニメであったシーンの焼き直し的な部分も多々ありますが、モノログで表現されている各キャラの心情がオススメ。
    シンやカガリがもっと読みたいです。

  • 今回はシン・カガリ・レイ・ミーアの短編を収録、オムニバス方式です☆<br>
    THE EDGEがアスランの話だったので、この各キャラを主人公にしたストーリー、どの話も大好きです(≧∇≦)ノ彡 バンバン!<br>
    今ガンAに載ってるキラの話も大好きです!あぁ、早く単行本化されないかなー☆(気が早い)

全10件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE Desire (1)のその他の作品

矢立肇の作品

機動戦士ガンダムSEED DESTINY THE EDGE Desire (1)はこんなマンガです

ツイートする