荒魂トライブ (角川コミックス・エース 86-12)

  • 角川書店 (2007年7月26日発売)
3.41
  • (23)
  • (20)
  • (92)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :296
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139411

荒魂トライブ (角川コミックス・エース 86-12)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年3月14日読了。

    「はぐれ陰陽師ツンツン系?」ヨミちゃんステキス!
    表紙と帯イイっすね。帝都の警察は陰陽師がいるんですか。
    これがゴツボ流、もののけもの風つか。前やってたサッカー青春モノよりずっとシュールオシャレっすよ。「もののけもの」が学園陰陽師話だったら、こっちは社会派?ですかね。アベ父娘がんばれー。数字書いてないけど、続き出るよねきっと。

  • 設定と世界観に凝った作品。近未来×陰陽師。

  • 姫と犬の主従がツボでした。

  • 初めて読んだ作家さん。独特の雰囲気やなーけっこう好きだった。

  • ゴツボさんの作品の中で一番好き。
    ヨミちゃんの奔放さが好きで、強い女の子でマイコみたいな…。

    おもしろい。

  • ゴツボさんの描く女の子はどうしてこんなにも魅力的なのだ。

  • すごく味のある絵。ツンツン陰陽師がかわいい。キャラ設定もしっかりしてるしまだまだ続きそうな終わり方なのに、勿体ないなー。続編希望!

  • 私はゴツボ×リュウジさんの作品は3作しか読んだことないのですが、いい味の出てる絵を描かれる方であり
    その中でも群を抜いて、キャラクターが素晴らしく描かれている作品だ!!
    いつも通りの太めに線で描かれているんだが、この作品は筆ペンで描いているのだろうか・・・と思うほど和を含んだ、ベタがステキな線画。
    特に毎回の扉絵のヨミちゃんはアジアンっぽくデザインされていてどれもかっこいい!
    特にペラッと一枚めくった中表紙のカラーは最高!この絵のために買ったといってもいいくらいにセンスがハンパない!!筆さばきは鳥肌もの!

    内容も今までよりは入りやすく、いやヨミちゃんも片目隠してるとこなんかサイコーなんだけど、やはり阿部さんサイコーですね☆渋カッコイイ!俳優さんはぜひ阿部寛で。
    正義のおっさん好きの方はみるべきです。
    でも話の流れ方がどうも私には合わなく、終止符がついても煮えきらないとこが多いです。
    絵好きとしては観賞用にとっときます。

  • 絵が好き。
    何でおもんないのにゴッホいつもかってしまうんやろ

  • これも続刊でないかなぁ。アベさんはもちろんだがイヌが…好きだ…!

全21件中 1 - 10件を表示

荒魂トライブ (角川コミックス・エース 86-12)のその他の作品

ゴツボ×リュウジの作品

ツイートする