機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)

著者 :
  • 角川書店 (2007年9月26日発売)
3.74
  • (80)
  • (91)
  • (138)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 835
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139695

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 感想はこちらでひとまとめ。
    http://booklog.jp/users/ohsui/archives/4043943350

  • 全10巻読了。これはファーストガンタム世代である福井晴敏による小説であって、ノベライズではないそうだ。一年戦争以前からの歴史を作り込んだ完全なガンダム世界、富野設定より拡大されている。う~む、考え直さねばなるまいな、二次創作の存在意義というものを。

  • 予備知識がないとなかなか難しい内容ですが、おもしろいです。読んだ後でアニメを見ると、あーあの場面て、こういうことだったのかと思うこと多々あり(^^;;

  • 「グッバイ、西暦(AD)。ハロー宇宙世紀(UC:ユニバーサル・センチュリー)――」

    UC0001年。大国は解体され、代わって地球連邦政府によって統治される時代。
    その地球軌道上の宇宙ステーションに置かれた大統領府〈ラプラス〉は、人類が西暦を捨て、宇宙世紀という未知への第一歩を踏み出したその瞬間に崩壊する。
    人類史初にして最悪の宇宙テロ「ラプラス事件」を引き起こしたテロ組織に工作員として雇われていた中東出身の貧しい少年・サイアムはその直後の混乱のためにたったひとり、〈ラプラス〉の破片と共に宇宙を漂っていた。
    そして、サイアムは億分の一の確立であった『ラプラスの箱』との接触を果たす。
    『箱』……それは重力、宗教、民族の軛を脱した人類が、新しい世紀の中で手に入れるはずだった新たなる契約の箱――。

    「ずれている」
    それは浮いているのとは違う、ここではないどこかに本当の自分の本当の在り処があって、心も体もそこからずれ続けているという感覚。
    UC0096年。
    母を亡くした後、顔も知らない“父”に誘われるまま、工業コロニー「インダストリアル7」のアナハイム工業専門学校に通うようになった16歳のバナージ。
    新しい生活の中でも薄れることのない「ずれ」に捕らわれ続ける彼は、ある時コロニーの近くを白い残像を引いて行過ぎるモビルスーツを目撃する。
    白馬を思わせる俊敏さ。印象に残る一本角。それはまるで伝説の神獣。可能性の獣とリルケによって詠われたあの――。

    そうして、すべてが始まった。


    『終戦のローレライ』『亡国のイージス』の福井晴敏が描く、宇宙世紀0096年が舞台となる宇宙世紀ガンダムシリーズの新作。

  • ファーストガンダムを見ていた全てのひとに。

  • 「シャアの反乱」が終結後。
    インダストリアル7の高専生バナージ・リンクスは一人の少女と出会う。
    その日見た白いMS、ビスト財団の屋敷で見たユニコーンのタペストリー。
    ずれている、と日常的に感じていたものがピタッとはまる瞬間を実感したバナージは謎の少女、オードリー・バーンに惹かれていく。

  • ☆$$面白くない。著者の売りの細かさが、逆に伝わらない。$$ファーストガンダムの少し後だし、思いいれもないしでつまらない。

  • 完全に1stガンダムから逆シャアまでのガンダムシリーズを知っている人向けの作品で、
    一巻の時点では世界観の説明が多く、人物の心理描写が回りくどい気もしますが、
    まだあまり話が本格的に動き出さないのでこれからと言った所でしょうか。

  • ・まだなーんも始まらない。OVAの1巻の途中まで。退屈。でも上手にガンダムやってるのはすごく認める。あと、1年戦争から16年経った世界として矛盾を無くそうとさりげなく頑張ってる点は評価できる。でもUC1年ってミノフスキー粒子が発見された年って設定じゃなかった?

  • 今更ながらに、ようやく読みました。細かな描写は流石本職と言ったところです。SF小説はこうでなければね。まだプロローグというところで話が始まったばかり。今後の展開に期待します。
    過去の小説版ガンダムも本職に書いてもらった方が良かったんだなと、理解した本でした。

全73件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1968年東京都墨田区生まれ。98年『Twelve Y.O.』で第44回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年刊行の2作目『亡国のイージス』で第2回大藪春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞、第53回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2003年『終戦のローレライ』で第24回吉川英治文学新人賞、第21回日本冒険小説協会大賞を受賞。05年には原作を手がけた映画『ローレライ(原作:終戦のローレライ)』『戦国自衛隊1549(原案:半村良氏)』 『亡国のイージス』が相次いで公開され話題になる。他著に『川の深さは』『小説・震災後』『Op.ローズダスト』『機動戦士ガンダムUC』などがある。

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)のその他の作品

福井晴敏の作品

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする