ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編 (角川コミックス・エース 149-3)

  • 255人登録
  • 2.99評価
    • (6)
    • (5)
    • (72)
    • (14)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 竜騎士07
制作 : 鬼頭 えん 
  • 角川書店 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047139961

ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編 (角川コミックス・エース 149-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全1巻。シリーズ外伝。
    え、ここで終わり?!っていう。たぶん打ち切り。

  • なーんだこりゃ…
    何も起こってない、は言い過ぎかもしれないが、
    とにかく中身が無い印象。


    鬼曝し編の後日談も…まあおまけと考えればあれはあれでいいのかもしれないが、
    別になあ…

  • 所有
    ひぐらしのなく頃に唯一の中途半端すぎの物語。
    面白そうなのにもったいない。

  • 詩音が興宮に来る前の学校の話。

    これは… 続くの⁇(・・;)
    結構先が気になっているんだが…。
    続きが出ないようなら☆2つ。

  • 1巻まで読破。友人に借りる。貴重な詩音の女子校時代の事件。鬼曝し編のアフターもあり。

  • 本編自体はまだまだ謎が多く、はじまったばかりという形で終わってます。(未完?打ち切り?)見所といえば鬼曝し編の後日談が掲載されており、夏美と藤堂がその後どうなっていったか、気になる方は必見です。

  • 聖ルチーア学園。そこは有名なお嬢様学校として知られる全寮制の女子校だった。園崎詩音はそんな学園で退屈な幽閉生活を送っていた。そんなある日、水を抜かれたプールで男子教師の死体が発見されるという学園を揺るがす事件が起きた。死因は「溺死」。水を抜かれたプールで何故「溺死」なのか、唯一の目撃者である香坂瑞穂は何を知っているのか!?

    現壊し編の他、同時掲載として鬼曝し編の主人公、夏美と暁のその後を描く「鬼曝し編after」と「裏返し編」を収録。鬼頭えんの「ひぐらし」作品を集めた珠玉の一冊。

  • 現壊し編のストーリーは正直分かりにくいし微妙…。けれども<B>キャラクターの魅力が良い!</B>
    表紙を見たとき瑞穂の性格は、よくある元気系な少女かと思ったけれど物静かな性格みたいです。
    裏返し編が面白かった!是非とも本編で使って欲しい内容でした。

  • こんな話の展開もあるのかとびっくりさせられました。

全10件中 1 - 10件を表示

竜騎士07の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編 (角川コミックス・エース 149-3)はこんなマンガです

ひぐらしのなく頃に怪 現壊し編 (角川コミックス・エース 149-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする