デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)

  • 角川書店
3.75
  • (70)
  • (81)
  • (125)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 1121
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047150140

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シロがすごくなぞ!
    ガンタの謎の力を使った初めての戦い。

  • 無実の罪で収監された刑務所、デッドマン・ワンダーランド。そこでガンタが目にしたのは、クラスメイト達を虐殺した赤い男だった。
    友人達の復讐のため、赤い男がいると噂されるG棟を探すガンタとシロ。
    秘かにガンタの監視を命じられている羊も巻き込んで、彼らはついに件のG棟の表記をみつけるが…。

    ここからがむしろ本当の始まりって感じですね。
    ガンタが使った謎の力と、赤い男。そしてG棟の秘密。面白くなってきた。
    相変わらず無茶苦茶で理不尽な世界ですが、よく生き残っていけるなぁ。
    ズッパシな千地さんがかっこいい。あの性格、ナリで女性の耐性が無いとか可笑しな人だ。
    そして捕らわれたガンタを救うため動くシロと羊くん。羊くんは何か他に目的がありそうだな。
    シロちゃんって、え、何者? 実はラスボス的な感じに見えてきたよ…?

  • ウッドペッカー=啄木鳥

  • 読了。

  • 初回の戦いがメイン。いきなり強いのは補正か。性格破綻が多くてイイね。

  • 盛り上がってきた!
    ラスト部分、、シロもアレ気な感じなのね・・・まぁそうだわな。
    あの性格の悪い子はどうにかならんか。笑

  • 続きの気になる展開……グロいけど面白い!

  • 「ズッパシ」な2巻。

  • 2011.5.18読了

  • クロウはあれで終了なの?それとも一部を検体されただけだから、今後も登場するのかな。面白いキャラだから、今後もガンタと絡んで欲しい。カバー下見るとクロウの元警察官なのかな。
    うろちょろと小賢しい羊は、金をためて誰か「女の子」を助けたに行きたいのかな。彼なりの理由がありそうなので、今後の展開が楽しみ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京都府出身。
2005年月刊少年エース(角川書店)にて『交響詩篇エウレカセブン』 (原作・BONES、共作・近藤一馬)でデビュー。
代表作は『デッドマン・ ワンダーランド』(共作・近藤一馬)。

「2015年 『リヴィングストン(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)のその他の作品

片岡人生の作品

デッドマン・ワンダーランド 2 (角川コミックス・エース 138-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする