花やしきの住人たち (1) (角川コミックス・エース 121-7)

著者 : 桂明日香
  • 角川グループパブリッシング (2008年5月26日発売)
3.43
  • (18)
  • (40)
  • (73)
  • (5)
  • (5)
  • 本棚登録 :338
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047150645

花やしきの住人たち (1) (角川コミックス・エース 121-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全3巻。2巻からのドロドロ急展開、そして3巻で完結という。複雑だが、面白いから仕方がない。

  • 3巻で終了。何でそっちに行ったあ〜

  • 恋愛漫画なんだと思うんだけど、この作者の作品はちょっと捻ってある感じで、ヘンなツボが刺激されまくりです。

    あやめちゃんがイイ。
    無駄にお色気たっぷりで、思わせぶりで、屈折した感じがたまんないッス。

    そんなあやめちゃんの過去が気になって仕方ない。
    杜若(またこのネーミングが秀逸)との過去が2巻で明かされるらしいので楽しみっす。

  • 個人的にとてもすきな本です。桂明日香さんのシリアスって飛びたくても飛べないような、飛べないのをわかっているけれどそれでも求めてしまう、みたいな感じ(抽象的ですみません)で好きなんです。個人的にALLYPOSさんに読んでもらいたいなあ。

    • まんがぶさん
      ぜひ読みたいです~。表紙見て読んでみたいと思って中を覗いたという感じですよ。(ALLYPOS)
      2010/04/13
    • まんがぶさん
      全3巻なのでよろしければお貸ししますよ~^^(甘党)
      2010/04/13
  • まだ一巻だし。

  • れんげがものすごく気にくわない

  • 全3巻読了。初めはどんな方向にいくのかわからなかったけれど、中盤から物語が一気に加速して、終盤にはもう全く目が離せなくなっていた。にしても途中から方向変わりすぎだろう(笑)。暗い部分も含めて好きな作品。人間の暗い、醜い部分も出しつつ、それでもなお成立しているというか。暗いだけでなく、そこから花が咲くように、本当に救いが残されているというか。今年読んだ作品の中でも抜群に素晴らしい作品だと思う。

  • 男子高校生イン女子寮生活だなんてなんというお花畑な…と思いきや、そういうわけにはいかないみたい。早くも恋の三角関係の予感だけどそう簡単にはいかないみたい。美しいものには棘に毒、秘密がつきもの。

  • 女って怖ぇ。

  • キャラがわざとらしい…。某少女の言動がメチャクチャすぎて、行き当たりばったりで描いてるように思えてしまう。

全28件中 1 - 10件を表示

桂明日香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

花やしきの住人たち (1) (角川コミックス・エース 121-7)はこんなマンガです

ツイートする