デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)

  • 角川グループパブリッシング
3.79
  • (63)
  • (81)
  • (104)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1052
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047150652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほぼ水名月の巻。
    本当の性格にビックりした(笑)
    巻末のまんがも面白い。

  • あにいも。

  • 罪の枝と呼ばれる、血を操る能力を有する「デッドマン」としてG棟に収監されてしまったガンタ。
    デッドマン達は死肉祭と称されるデスマッチを強要され、敗者は身体の一部を献体する罰ゲームを負わされる。
    異常な世界に愕然とする中、同じくデッドマンとして捕らわれている少女・水名月と出会ったガンタは、彼女を連れて脱走を図るものの失敗。
    おまけに翌日の死肉祭の相手は水名月だと告げられ…。

    騙された! 水名月ちゃん超可愛いとか癒されていたのに、この始末だよ!
    二重人格とか言うレベルじゃないよ水名月ちゃん…。猫かぶり過ぎててびっくり。
    おまけに羊くんの妹とかそんな! いや、ある意味良く似てる兄妹かな? どっちも外面がいい辺りが…。
    でも羊くん見直した! ただの守銭奴か何かかと思ってたけど、すごくいいお兄ちゃんだった。
    この兄妹の何とも言えない仲の良さが好きだなぁ。
    ちょっとだけ穏やかな感じになったけど、またまた面倒くさいやつが出てきたよ…ていうか相手お坊さんなの?

  • プリムローズ=サクラソウ科の植物

  • 洋くんがG棟に潜入してから超坊主にシロが蹴りを入れるまで.
    今更だけど「エースマン」って月刊少年エースA連載だからですか?
    アクション仮面と同様のネーミングですか?

  • 読了。

  • ツンデレ?

    主人公のイイコ過ぎるのがそろそろ…
    シロの話まだ~?

  • 赤い男の中身どこいった・・・?

  • 2011.6.11読了

  • 羊の目的が分かってスッキリ。赤い男の秘密が一部分かってスッキリ。話がテンポよく進んでスッキリ。裏切りや秘密など、何かありそうだなーというのは、無駄に引っ張る事無く適度なところでネタばらししてくれるので、ストレスなく読める。そこが良い。
    水無月の感じの悪さが面白かった。あとクロウが元気そうでなにより。

全24件中 1 - 10件を表示

デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)のその他の作品

近藤一馬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

デッドマン・ワンダーランド (3) (角川コミックス・エース 138-10)を本棚に登録しているひと

ツイートする