そらのおとしもの (3) (角川コミックス・エース 126-8)

著者 : 水無月すう
  • 角川グループパブリッシング (2008年7月26日発売)
4.08
  • (23)
  • (19)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :376
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047150799

そらのおとしもの (3) (角川コミックス・エース 126-8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 突如イカロスに攻撃を仕掛けてきた電子戦用エンジェロイドのニンフは、「空の女王」(ウラヌス・クイーン)として戦ってきた過去の記憶を封印されたウラノスのプロテクトを解除します。ウラノスは本当の力に目覚め、ニンフを撃退しますが、自分が兵器だったという事実を知った彼女は苦しみに苛まれることになります。しかし智樹は、そんな彼女の葛藤を慮りつつ、いつもと変わらない日常生活を送ります。

    その後ニンフは「シナプス」に命じられてふたたび地上へやってきますが、エンジェロイドに対して人間と変わらない姿勢で接する智樹の態度に少しずつ心を揺さぶられることになります。

    思いのほかニンフがあっさりデレてしまった印象もありますが、今後の展開の中でもう一度くらい、彼女が天上と地上の板挟みになって葛藤することになりそうな気もします。

  • ニンフの登場で一気にシリアスに。
    悪役…と思いきや複雑で。
    そしてすけべ変態成分も(笑)
    この絶妙のバランスたまりません。

    続きいきましょう。

  • 一、二巻は古臭いとか思っていたが、三巻になってからさほど絵に古臭さを感じなくなってきた。何よりニンフが可愛い。
    ストーリーはエロボケとシリアスが半々くらいか。シリアスな部分が入ってきて一転して面白くなってきた。
    それにしてもニンフが不遇すぎる>_<

  • 普段が無表情だけに泣いてるイカロスや笑ってるイカロスがめちゃくちゃ可愛いな。
    やはりエロバカ回は最高に面白い。

  • TUTAYAレンタル

  • アニメを見てはまり、中途から買い始めました。
    イカロスが初めて泣き、笑い、とも子初登場の巻。

    ニンフがっ……ニンフがかわいそすぎるっ……!!
    マスターは一体どんな人物なんだろう?
    ハエ叩きで思いっきり人間を叩き潰した見開き一枚絵は見物だと思います。

    それにしても会長はのぞきはダメで、混浴は良いんですね。

  • 2巻より続く【ニンフ】と【イカロス】の戦いでスタート。二人(2台)の過去がわかりはじめます。
    相変わらず主人公智樹の平和はいとも簡単に崩れます。学校・お風呂でドタバタです。
    イカロスが智樹や仲間に触れることで心に変化が起こり始める

    2009・2・27 6刷 198ページ  ISBN 97844047150799

  • イカロスがだんだん積極的になってきて(エロい意味ではないです)、人間らしくなってきました。<br><br>

    で、物語の方も進んで行きます。なんかほのぼの系だったのに、だんだんシリアスに。怖い人とか出てきたし、普通に人死にもでそうな雰囲気。<br><br>

    ニンフはどうなるんだろうなぁ。当初は完全に悪キャラだったのに、だんだん可愛くなってきて……本誌の方は知らないの今の連載がどうなってるか知りませんけど、なんとか助けて欲しいなぁ。あっさり殺してお涙頂戴とかじゃなくて、幸せになる権利があると思うんだ。あんな風に虐げられてるのを見ちゃうと。

全8件中 1 - 8件を表示

そらのおとしもの (3) (角川コミックス・エース 126-8)のその他の作品

水無月すうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

そらのおとしもの (3) (角川コミックス・エース 126-8)を本棚に登録しているひと

ツイートする