機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))

著者 :
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川グループパブリッシング (2008年7月26日発売)
3.83
  • (46)
  • (67)
  • (75)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 566
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047150843

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦闘中におこったマリーダとの交感に、《ユニコーン》への疑心と、戦う事への惧れを感じるバナージ。
    しかし《ユニコーン》は再び座標を示し、その調査のため、友人たちを守るために再び彼は《ユニコーン》に乗り込むことになる。
    座標の示す場所は宇宙世紀元年に爆破された首相官邸《ラプラス》の残骸だった。
    ポイントヘと《ユニコーン》が到達。その時、100年前の『ラプラス事件』の直前に放送された、当時の地球連邦首相・リカルドの演説が蘇り、宙域に響き渡る。
    それは百年前に紡がれた可能性。いまだ揺り籠から抜け出すことができず、可能性という名の神に向き合えずにいる人類に、“声”はただ語りかける。

    一方、リディと共に地球に降りたミネバはスペースノイドとアースノイドの考え方の違いに直面する。
    そして、頑なに否定してきた家の力に頼る事になったリディは、父親から一族に伝わる「ラプラスの箱」に関わる重大な秘密を聞かされる。

    それぞれの立場、時によって異なる対応をとる大人。
    それは当然のことだけれど、バナージなど子供たちからそれを見れば大人の勝手でしかない。
    社会は矛盾だらけで、理不尽で、けれども、そんな大人たちだって、それぞれの理想でより良い方向へこの世界をもっていきたいと思っている。
    今巻で、それに気づき始めた少年たち。一方で状況は混迷を深めてゆきます。
    ガンダムシリーズはあくまでも子供向けで、子供たちが主人公で、でも取り巻くのは多くの大人たち。
    その大人たちの群像劇がきちんとしてれば、大人も十分楽しめる作品になるのでしょう。

  • ・ダグザとガエルがイカす巻。リディは駄々っ子的で相変わらずウザい。
    ・この巻とは関係ないけどOVA第1巻観直した。小説読んでないと拾いきれない展開と細部の描写がやたらあるのに気付く。あれ1時間に収めるのは相当駆け足で無理してるわ。良く作ってる。

  • 主要な登場人物が何かしらの呪いを背負っているこのシリーズだが
    あまり重要度が高くなさそうなリディにも先祖代々の呪いが発覚してびっくり。

    何かしらのシガラミを受け継いだ若者がたちが
    苦悩し迷いながらも自分の道を進んでいく姿を上手く描いている。
    流石、福井である。
    主要な3人が今後、自分の運命をどのように選択していくのか楽しみ。

    つか、福井小説のエッセンスのひとつ、苦味の利いたオヤヂが
    退場してしまったのだが、大丈夫だろうか?

    地上にあるというUC2号機も物語にからんできそうで楽しみ。

  • 感想はこちらでひとまとめ。
    http://booklog.jp/users/ohsui/archives/4043943652

  • 大人になる、という言葉はとても難しい。
    歳を重ねるほどに、「大人である」という言葉を意識するようになるが、その意味の解釈の仕方は人それぞれだろう。

    子供であり続けることはできないが、大人になることも、本当は難しい。
    ということを、この巻を読みながら思っていた…気がする。

  • マリーダと心を通わすバナージ、ミネルバを地球に連れて行ったことで葛藤するリディ、自分のすべきことのため散っていったダグザ。
    各人の思惑が交差する。

  • 4巻よりはおもしろかったな。。。

    逆襲のシャアの最後のシーンじゃないけど
    人の意思で未来は変わることを信じれるか?
    を命題にしてんのかな、

    とおもう。ガンダムも見せる側面が違うし。

  • 大気圏突入

  • ダグザ中佐の心理的葛藤とか、
    ガエルのコミットメントなどのおいしい場面があるけど、
    それがアニメではかなりカットされている……!

    うーん、もったいないな……

  • ダグサさん!

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年東京都墨田区生まれ。98年『Twelve Y.O.』で第44回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年刊行の2作目『亡国のイージス』で第2回大藪春彦賞、第18回日本冒険小説協会大賞、第53回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。2003年『終戦のローレライ』で第24回吉川英治文学新人賞、第21回日本冒険小説協会大賞を受賞。05年には原作を手がけた映画『ローレライ(原作:終戦のローレライ)』『戦国自衛隊1549(原案:半村良氏)』 『亡国のイージス』が相次いで公開され話題になる。他著に『川の深さは』『小説・震災後』『Op.ローズダスト』『機動戦士ガンダムUC』などがある。

「2015年 『人類資金(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))のその他の作品

福井晴敏の作品

機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊 (角川コミックス・エース (KCA189-6))を本棚に登録しているひと

ツイートする