機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.02
  • (51)
  • (38)
  • (48)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :556
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047151451

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個人的には小説版のシャリア・ブルが好きなのですが、今回の彼の役回りは、戦争のコマとは何ぞや、を彼の本音丸出しで体現して見せたところにあるのでしょう。TV版よりもその点はいい感じ。テキサス編をうまく改編し、過去編とリンクさせた手腕は見事。シャアの独善ぶりもうまく出ているし…。

  • テキサスコロニーで登場したブラウブロパイロットのシャリアブルが若くてギラギラしていたことには驚いた。シャアとセイラの再会シーンは本編よりなかなか面白い。

  • ザンジバルの存在を認めジオンのニュータイプの訓練場となっていたテキサスコロニーに入港したWBはシャリア・ブル操るブラウ・ブロに苦戦、更にゲルググとの交戦でガンダムの反応速度がアムロに追いつかなくなっていることを認識する。戦場でイチャつくシャアとララァ。アニメでは一話しか登場せず劇場版には登場すらしないシャリア・ブルだが最初の木星帰りの男なだけに戦闘力はかなりのもの。実験動物みたいな扱われ方なのがもったいない。

  • ブラウ・ブロとシャリア・ブル(若い!)登場。ガンキャノン部隊、ほぼ壊滅。ガンダムはゲルググに敗退。見せ場を作ったのはスレッガーのガンタンクでした。

  • ララァ編と云うより、アムロ・シャア編と言った方がいいような巻だったな。

    ここで、シャアとセイラの正体が発覚しますね。

    いよいよ物語も佳境に入ってきた、のかな?

  • ララァ編・後

    シャリア・ブルとの戦い

    テキサス・コロニーの戦い

  • あまり凄くないブラウブロと木星帰りの男

  • ブラウ・ブロの乗るMAシャリア・ブル登場! あれ?

  • ここまで読んだ。シャアは馬(野良)に乗るときも颯爽としてるな。なんかララアが怖かった。

  • 終にゲルググ登場。
    やっぱり、シャアがかっこいい。

    ゲルググの立ちポーズもかっこいいが、
    ガンダムとの対比がまた素晴らしい。
    剛健さとしなやかさの描き分けが
    ロボットにまで行き届いてる。
    ゴーグの時に強く感じたが、
    安彦さんは、ロボットの動かし方が半端ない。
    どちらかと言うと、漫画よりアニメでこそ映える事だが・・・。

    しかし、オリジナルデザインとなるとちょっと微妙。
    ロボットに関しては、自分でデザインしたものより、
    他人のデザインの方が上手く動かせてるところが
    不思議なアニメ屋の性というものか・・・。
    ジ・オリジンでいうと、ガンキャノンが安彦デザインらしい。
    ま、ゴーグは佐藤と永野で良かったと言う事か。

    TVとは本質的に異なる展開もちらほら。
    例えば、シャアが父を憎み、母を愛していたところも
    「えー、そうなの?!」
    って感じ。

    シャアが手綱無しに白馬を乗りこなしていたのが気になった。
    いくらテキサスコロニー育ちととはいえ、
    あれは本当に可能なのか?

    相変わらず、安彦さんの描くセイラさんは年の割りに大人っぽくてGoodだが、
    TVに比べ、意図的にララァを幼く描いている気がする。
    天真爛漫過ぎるのも、ミステリアスさを損ない単に幼さしか感じない。
    フラナガン機関で強化された事や、
    アムロとの出会いによって、変わっていく姿を描くためかもしれないが
    ちょっと、萌えキャラの様になっているのが気になる。

    次巻では、アムロの反射神経について行けなくなったガンダムちゃんが
    ルナツーで改修ですね。

    磁気コーティング!磁気コーティング!

全16件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後 (角川コミックス・エース 80-21)を本棚に登録しているひと

ツイートする