多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)

  • 角川グループパブリッシング
3.63
  • (45)
  • (53)
  • (111)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 802
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047151550

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここら辺あたりから(前から?)スゴく物語が薄く書かれてくよね。
    物語の中心だった眼球のバーコードの理由も書かれるんだけど、その理由が『戦争に置いて前線で使える兵士として使いたい為に作った』だの『ガクソは知的好奇心が赴くままやってるだけ』だの、まぁ、ここまで話を長くした割にはたいした理由じゃないよね。
    残ってるキーパーソンも実質4人(弖虎、笹山、犬彦、天馬)だけど、特別、主人公!って思えるキャラが存在しないから、誰を主軸として物語を見て良いのか分かり辛い。
    正直、作者がどこを着地点として目指してるのか分からない!
    帯に『最終章』って書かれてるからもうそろそろ終わるのかな?って言う気はしてる。
    もう一回くらいパッと花を咲かせるが如く、何かしらあって終わって欲しいものです。

  • ただ多重人格ってだけじゃないストーリーがおもしろい。でもちょっと疲れてきた。長い。


    人物関係と時系列が複雑になってきたので、できるだけ一気読み推奨。

  • いそのわかな。
    伊園若女。
    いそのわかめ…?w

  • うんうん。だんだん見えて来た。
    でもそろそろやめようよう。

  • カリスマを作るといっても、その能力が、信者を自殺に追い込むでは、使い道がない様な……。

    いや、使い道とかそういうのではなくて、もっと、純粋な学術的な興味?

  • どこでどう終わらせてもいいだろうし、どこまでも続けていってもいいだろうしっていう感じよね、もうこれは。どの道、傑作。素晴らしい、世界観。これはそのうち映画化とかハリウッド化されてもおかしくないって思う。ていうか、もう映画化されてたりしてね、チンケな感じに。。。(09/8/2)

  • 138ページ←衝撃。

  •  弖虎がチロルチョコ(コーヒーヌガー)を持っているもんだから此処最近のおやつはもっぱらチロルチョコです。

  • 大塚英志です。

  • グロイです!

    でもでてくるキャラがかっこいいです!
    読み始めたらとまらん。。。

全25件中 1 - 10件を表示

プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)のその他の作品

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

多重人格探偵サイコ (13) (角川コミックス・エース 23-30)を本棚に登録しているひと

ツイートする