デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)

  • 角川グループパブリッシング (2009年4月25日発売)
3.90
  • (64)
  • (71)
  • (71)
  • (7)
  • (0)
  • 959人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047152076

デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スカ―チェインの計画はロクロの裏切りによって頓挫してしまう。多数の犠牲を出し、ナギを捕らわれたメンバー達。
    墓守を引き連れたロクロを前に絶体絶命のガンタだったが、そこへ千地が現れて…。

    千地さんマジかっけー!!
    協力はしてくれないけど、修業は見てくれるってのが実に千地さんらしい。
    久しぶりに水名月・羊兄妹も出てきたし。しかし同じ施設内であれだけドンパチしてるのに、気にしないんだなぁ彼ら。
    ついに二大墓守な弦角と火花との戦い。と思ったらさらにそこへナギさんまで。
    うわーナギさんのあの優しさはむしろ狂っていたというオチか…残酷な世界だな…。
    弦角も大概狂ってたけど、ちょっと過去話は可哀想だった。
    とりあえず今回はガンタが男を見せたね。最初のころの、殴られるのが嫌でへつらってた姿が嘘のよう。

  • 筋肉ムキムキだけど、女に弱いクロウ。ツボです?

  • 一段落ついたところ。割とあっさりと。死亡フラグ回収したし。
    さて、薄い本で襲われてる所の続きを探さないと。

  • 読了。

  • 一件落着!

  • 2011.6.23読了

  • ドラマチックで盛り上がる展開だったけど、赤い男がらみの進展がなくてちょっと物足りなかった。データが外部に流出、脱獄成功と後の展開に大きな意味を持つパートではあったとは思うが。
    アンダーテイカー編(なのか?)が終わったので、次から再び本流に戻るのかな。

  • 迷い、暴走、そして…。涙は、綺麗な虹になる。

  • ズ ッ パ シ

  • 弦角の過去が悲惨すぎる。ここまで厨二だと逆に気持ち良くてイイネ

全23件中 1 - 10件を表示

デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)のその他の作品

近藤一馬の作品

デッドマン・ワンダーランド (5) (角川コミックス・エース 138-12)を本棚に登録しているひと

ツイートする