機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)

  • 角川グループパブリッシング (2009年4月25日発売)
3.99
  • (42)
  • (67)
  • (42)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :486
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047152298

機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1日でほぼ一気読み。
    ミネバ様が素敵だった。

  • ・主にネエル・アーガマ内での地味な展開なんだけど、各登場人物がかなり掘り下げられててなかなか読み応えのある巻。ジンネマンのしょーもなさ。フロンタルがどんどん化け物じみてきて作中でも異様な存在になってきた。

  • 福井晴敏節が全開。まぁみんな熱い想いを良くしゃべる。ガンダムなのに自衛隊が戦っているかのような錯覚に陥る。MS戦より、こういう密閉空間の艦内で三つ巴で攻守入れ替わるゲリラ戦というのが面白い。でも、それはガンダムじゃあないよね。

  • 一冊ごとに何かしらハッとさせられるシーンが存在する物語。
    今回は現代の日本の姿がジオン共和国に投影されていることに気がついてハッとなった。
    ジオン共和国の兵士の鬱屈はまさに某タモ神のソレだったと思う。
    ミネバのジオン兵に対する一喝はオタメゴトでしかないのは分かるが
    だからといってそれらの事象を切り捨ててるのは、むしろ楽な方への逃げのような気がした。

    バナージの「みんなのため」という青臭くも直感的な叫びは
    ジュドーを彷彿させるもので心地よかった。

    フロンタルの現実路線は彼がシャアではないことの証明だろうと思う。
    じゃあ、彼は一体ナニモノ?
    人間なのかい?

    次で終わり?

  • 物語はいよいよ佳境。
    ついにラプラスの箱への最終座標が示される。

    正直、フロンタルの正体については、少し心寂しく思う部分があった。
    確かにシャアは復讐やララァに囚われ、自身の心を解放することができない人間ではあったが、熱量はあった。

    ここから先、それぞれがどういう未来を見、どういう選択をしていくのか、とても楽しみだ。、

  • アルベルトがいい味出してきた。

  • かなりよいセリフが続出する巻だと思う。

    キーワードは可能性。
    それを前にして、諦めるのか、諦めないのか。

    印象的なのはフル・フロンタルの演説。
    そういう長大な構想を持っていたのか、と考えるも、
    やはり、仮面の下にある素顔は謎のママ。

  • 人類の革新とは何か、現実論と理想をてらいなく正面から描くこの作品はたしかに「ガンダム」だ。アンジェロは専用機持ってもこうかー。

  • いよいよラストに向けて陣容が固まってきた。期待感高まる感じ。

  • 七巻で一番面白かったと書きましたが、それを超えましたね。
    フル・フロンタルの正体もはっきりしました。
    しかし、だからこそアムロはどうなったんだ!
    お願いだから登場して欲しい!
    でもある意味、フル・フロンタルはフル・フロンタルですね。
    やはり彼はある意味、死んだのでしょうね。


    物語は本当に怒濤の八巻突入と言う感じですね。
    ジンネマンの葛藤や、フル・フロンタルの狙い、全てがはっきりします。
    さらに物語の核である、ラプラスの箱のありかもとうとう解ります。
    そこにあったの?
    と言う場所です。


    ミネバ・ザビもここまで活躍するとは・・・ある意味傀儡だった彼女がどうしてここまで立派に育ったのかも気になります。

全23件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)のその他の作品

福井晴敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)はこんな本です

機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする