探偵儀式 THE NOVEL メフィスト症事件 (角川コミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 49
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047152724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラストのオチに全部持ってかれた

  • これは清涼院流水の名を借りた、大塚英志の作品です。
    お間違いのないように・・・

  • 本編に登場する小説・百密室が主役になるお話です。BDCメンツがメイン。
    結末…ええー!?探偵儀式つか全ての常識がひっくり返りました。
    また○○か!
    しかもご丁寧に問い合わせお断りのお詫びつき。
    流水氏のお遊びの一環としてとらえるべきか、真摯に受け止めるべきか。

  • 同名マンガのノベライズ版。
    あっという間に読み終わった。あちこち面白い。

  • 小説版です。
    マンガのが話が練られていて、面白かった気がします。
    とっても残念です。
    「読まなきゃよかった」が正直な感想。

  • 本編に登場する小説・百密室が主役になるお話です。BDCメンツがメイン。
    結末…ええー!?探偵儀式つか全ての常識がひっくり返りました。
    また○○か!
    しかもご丁寧に問い合わせお断りのお詫びつき。
    流水氏のお遊びの一環としてとらえるべきか、真摯に受け止めるべきか。

  • 一応、このノベライズだけ見たらJDCシリーズと地続きの未来、ということになるのかな?
    肝心のメフィスト症事件については淡々あっさりと片付きますが、それは『彩紋家事件』の前例もあるので許容範囲。

    それより何より、色々と考えてしまうラストですね。

  • 本編とはほとほと関係がないと思われます・・・。

    そして、
    くだらなさ満点です。
    暇つぶしに最適です。

    その設定に笑えます。


    結末は?
    という謎を残して終わります。
    さすが流水さんという感じでした。

  • さくさく読める。
    最終章でびっくりしたのは俺だけなのか?

全10件中 1 - 10件を表示

清涼院流水の作品

ツイートする