機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20) ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)

著者 : 安彦良和
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月22日発売)
4.10
  • (52)
  • (55)
  • (32)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :591
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047152854

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20) ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常にいい流れである。特に、ソロモン陥落後の展開がいい、TV版最終回のセリフをここに持ってくるとは…。そう、確かに、ララァが生きていてこそ、シャアもアムロに期待できたと言えるのだから…。

  • ソロモン陥落によるドズル中将の死。ザビ家では1番好感を持てる人だった。エルメスが登場し、ニュータイプとしてシャアがアムロに同志になれと語りかける。最後はキシリアがデギン・ザビを見送る姿はとても怪しい。ザビ家の中では1番危険な人かもしれない。。

  • スレッガーが犠牲になるもドズルの乗った巨大MAビグ・ザムを撃破しソロモンを攻略した連邦は次なる目標に向け星一号作戦を開始、戦場でシャアとララァに再会したアムロは「オールドタイプと戦う同志になれ」と誘われる。キシリアに対して「はじめまして」と挨拶するララァ、前巻でお互い顔みてるだろ。デギンをレビルの艦隊に近づけ、ギレンに情報を与えるキシリア。アニメ版ではデギンを慕ってた感じだったのに。

  • 早くアニメが観たい!

  • マンションで読む。この漫画は、いつ読んでも面白い。ストーリがしっかりしてるのです。さらに、絵もうまい。

  • ビグ・ザム出撃。悲しいけどこれ、戦争なのよね。

  • ソロモン陥落。スレッガーさんが亡くなったのが非常に惜しい。そしてエルメス登場。ラストまでもうすぐですね。

  • 両軍とも、次々と主要人物が戦死してきますなぁ。

    悲しいけど これ 戦争なのよね

    その通りなんだけど、やっぱやりきれないなぁ。

    そしていよいよ、戦は常人がついてゆけない次元に突入してく気配が。

  • ジオンはまゆなしの独裁者がいるにも関わらず、かっこいいのは、モビルスーツや制服などの細部の設定のおかげ。ナチスドイツがちょびひげについていったのをよく再現してるわけだ。

  • ソロモンが落ちて、公王の「貴公はその尻尾だ」がでて、残すは光る宇宙とア・バオア・クー攻略戦となりました。

    終わるまであと2年はかかりそうだ。

全31件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20) ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (20) ソロモン編・後 (角川コミックス・エース 80-23)を本棚に登録しているひと

ツイートする