機動戦士ガンダムさん いつつめの巻 (角川コミックス・エース 40-23)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.73
  • (14)
  • (23)
  • (19)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 299
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047153097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 機動戦士ガンダムのギャグ漫画シリーズ第5弾。本編とは違う時間軸や世界観での話の詰め合わせとなっている。お笑いを目指してみたり、フィクションだが現実の登場人物を出してみたりと多種多様な物語が出ている。

  • 「ガンダム創生」、放映版9話の゛古谷徹゛ネタはどこまで真に迫っているのだろうか???。安彦良和氏が「宇宙戦艦ヤマト」のコンテを切っていたことを伺わせるマンガ描写も。PS.温冷の差が激しすぎるキシリアがいいな。

  • ガンダムといえば、ファーストのアニメをざっと(ほんとうに、ざっと)みただけなので、本作のギャグもなんとなくわかるかな、という感じの私にあまり語れることはないですが、後半に入っていたガンダム創世のストーリーは、ガンダムファンならずとも面白く読めた。

  • 嫌いじゃないけど、そろそろ違うものになってきたかな(^^ゞ

  • 初期から続く4コマの面白味も減り、「宇宙島のガルマくん」も前巻で終わり、どう新しい面白さを引き出してくるかと期待していたら、何と「ガンダム創生」が始まった!ドラマチックにデフォルメされてはいるものの、妙なリアル感があって非常に面白い。池田シャア誕生シーンはなかなかのもの。

  • ガンダム創世がおもしろすぎます。
    カウンタックLP500Sだ~。

    そして、シャア専用姫路城……。

    なんか、理解できるのが、イヤだ(笑)

  • ガンダム創世の章、超面白い。「ムダヅモ無き改革」で完全に一皮むけたか。この方向で行って欲しい。

  • アレ…?なんでこの漫画全巻揃ってるん?(^p^)


    良い意味でも悪い意味でも原作ぶっ壊しつつ
    原作への愛が溢れるガンダムさん、大好きです。
    仲の良いガルマとシャアを見ているとほのぼのする。

  • 5巻まで発売中。

    別に好きなわけでもないのに、なぜか新刊出ると買ってしまう・・・。

  • 後半はガンダム創生の章 この本でこの話、う~んどうだろうね。

全17件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダムさん いつつめの巻 (角川コミックス・エース 40-23)のその他の作品

大和田秀樹の作品

機動戦士ガンダムさん いつつめの巻 (角川コミックス・エース 40-23)を本棚に登録しているひと

ツイートする