多重人格探偵サイコ (14) (カドカワコミックスAエース)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.69
  • (30)
  • (54)
  • (43)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 764
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047153899

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 弖虎かわいい。っていうのはひとまず置いといて。

    予想の範疇のものと、予想外が入り乱れていた感じですね。
    というか、時間置いて読むもんじゃないなと改めて。苦笑。

    次巻がまったくヨめない。
    14巻出たばかりなのに、既に続きが読みたいですよ~!!><

  • だいたい今回の内容は想像の範疇だったけど、どんどん当初の内容から逸脱して大塚英志の他の作品みたいに好きなとこだけ書いてるような気がする。
    それに伴って画を描く事を楽しみ始めてしまったのか?
    もうハンター×ハンターを読んでた時みたいに気長に待つ作品リスト入り。

  • うーん。読むなら10巻ぐらいまででしょうか

  • え、そういう方向に行っちゃうの? という感じもしないでもない。若干の消化不良が残る。陳腐だぞ、と。つか、一冊ではほとんどストーリーの進展がないんすけど、ていう、そういう意味での消化不良も勿論ある。(10/8/10)

  • ん?おう?……!……?………おぉぉ!

    と言う様な感じでした(笑)
    うわー何かまた気になる展開……。

  • ただ多重人格ってだけじゃないストーリーがおもしろい。でもちょっと疲れてきた。長い。


    人物関係と時系列が複雑になってきたので、できるだけ一気読み推奨。

  • スペア……とかいうと、つい、この話も摩陀羅サーガのなかに入っている気がします。実際、入っているのか?麒麟とかも出てくるし。
    スペアであっても、魂は違う。育ち方が違ったら別人だろう。
    では、魂というのはなになのかという話になってきますね。
    聖神邪が、本物の摩陀羅を求めたように。
    そうすると、テーマ的には、やっぱり、摩陀羅と一緒の話なのかも。

  • もうなにがなんだか…

  • そろそろ謎がわかってきたようなもっと謎になっていくのかとっても面白い。絵やファッションは◎\(^_^)/

  • 猟奇殺人事件の犯人を追うお話。

    えぐい描写があるので、大人向けかなと。

    とにかく田島さんの絵のタッチが綺麗。

    そしてお話が複雑に絡み合っていて、読みごたえ抜群。

    しかしながら、絡まりすぎていて、よく分からなくなってきた昨今w


    漫画と合わせて、小説も出ています。

    西園伸二の憂鬱の童話モチーフの事件が凄く良かったなあ。

全29件中 1 - 10件を表示

多重人格探偵サイコ (14) (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

田島昭宇の作品

多重人格探偵サイコ (14) (カドカワコミックスAエース)を本棚に登録しているひと

ツイートする