時をかける少女 after (カドカワコミックスAエース)

  • 55人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 橋口みのる
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047154094

時をかける少女 after (カドカワコミックスAエース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014年3月3日

    装幀・デザイン/和田幸男

  • 防府、ニューカレドニア、尾道、フランス、臼杵などを舞台とした作品です。

  • 初代時をかける少女らしい芳山和子の娘・芳山あかりが母のためにタイムリープする。
    過去の人物との恋や、昔の母親との交流など。

    2010年の研究室でタイムリープをする薬を作った芳山和子だが、100mLくらいの薬を2本も持っていた。
    研究室レベルの創薬にしては量が多くてリアリティがなく、未来人が持ってきた(アニメ版時かけ)など設定が変わればもう少しマシになると思った。

  • 「時をかける少女」の映画版じゃない方の後日ストーリー・・というよりは娘のストーリーといっても過言じゃないような・・。
    にしても娘の方の時を超えた恋愛は結局どういう方向に決着するのかの後日談が個人的にはほしいです・・・。

  • う~ん別に「時をかける少女」ではなくていいかな?あと深町一夫の服がダサいというか普通すぎ?

全5件中 1 - 5件を表示

時をかける少女 after (カドカワコミックスAエース)のその他の作品

橋口みのるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする