観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)

著者 : 井田ヒロト
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年4月3日発売)
3.42
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047154407

観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公のゲスさ加減が苦手だ。
    でも理由がそれなりそうだから次も読みたい。

  • 「シュレディンガーの猫」を具現化する能力があったら<br /><br />量子力学を説明するたとえとしてよく登場するシュレディンガーの猫の話。<br />観測者が箱を開けるまでは、箱の中身の状態は決定していない、つまり観測者が存在して始めて箱の中身は決定する、というある種の逆説。<br />これを実際に実現してしまう、つまり箱の中身を信じたとおりに変えられてしまう少女・タマミと、主人公の貧乏学生が出会うところから物語は開始。<br /><br />そこからカイジ的な心理戦を始めるのだが、いまいちタマミの能力を活かしきれていないのが気になる。<br /><br />全体に漫画としてのリーダビリティは高いので、わりと読めてしまうが、あんまり印象が残らない作品だった。<br />いかにも角川的、といったところか。

  • TUTAYAレンタル

    おもってたより悪くない。
    今回のは詐欺なのか超能力なのか…??

  • 人の汚い部分ばっか見える、無駄に計算高いような本。
    前作のスウガクに似てる気がしなくもない・・・・・
    全然違うけど。www

  • 頭脳明晰主人公が、そうだと思い込んだものを実現させてしまう女子小学生の力を見てうまく活用しよう、と目論む作品。
    頭脳戦チック(というより推理物チック・・?)な描写もあって、かなり楽しめる作品だと思う。
    ファンタジー要素がうまく頭脳戦の展開を読めない様にしてくれているので、読んでて引き込まれる感じになるw

  • 相変わらずの卑屈主人公ですねw<br>
    かるーく読み切り臭がしますがこのあとの連載でどうもっていくのか楽しみです。

全6件中 1 - 6件を表示

観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)のその他の作品

井田ヒロトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

観測者タマミ (1) (角川コミックス・エース 275-1)はこんなマンガです

ツイートする