機動戦士ガンダム00 in those days (角川コミックス・エース 293-1)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.27
  • (39)
  • (28)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 283
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ガンダムOO自体は「とりあえずテレビは見てました」程度なんですが。アニメ本体と違って、本当ガンダムキャラを使ったゆんさんのオフィシャル同人誌だよなあ~(笑)という感じ。私はゆんさんテイスト基本的に好きですよ。

  • ロマンチック~!!!

  • とても大切な作品です。

  • 刹マリがよかった。

  • 補完。
    サイドストーリーとして楽しめた。

  • 刹那とリボンズの話がすき。
    せっちゃんがすき。

  • 高河ゆん好きなんです。
    ガンダムは知らないけど。

  • 最高

  • アニメ版のサイドストーリー的な。すごくいい補間でした。
    久しぶりに”高河ゆん節”がいいな~と思いました。

    うん、あのリジェネとティエリアの間の雰囲気とか、高河ゆんさんにしか出せないでしょうね~。

    それにしてもティエリア=天使(←名前がね)って考えると、「アーシアン」じゃん!とか思ってしまったw ま、ティーはちはやじゃないことだけは確かだ。

  • 前々から読みたかったんですが、やっと読めました。
    ま、Newtypeの付録掲載の2本は小冊子所持だし、
    newtype掲載のものは読んでいたので、初読みに近かったのは
    昨年発売の高河先生の画集に描きおろしで描かれ、
    ガンダム00エースにも掲載されたロックオンの短編のみですね。
    が、コレ、マイスターズの短編では一番好き。
    2期から入った私はライル君にはじめから結構同情的というかだったので、
    あまりに兄貴と比較される彼が気の毒(笑)だったんですが、
    これは彼のコンプレックスを納得させる内容でしたね。
    よっぽどでないと寄宿舎に入ったりまでしませんよ。
    ニール君は「タッチ」のタッちゃんなどのような兄貴像ですよね。
    一見自分が一歩引くんだけど、そこで器の差が見えてますます弟のコンプレックスを
    刺激するというか…自分はどっちのタイプも好きです。

    しかもこのエピでまさかの刹マリ&せっさんスマイル!
    美味しすぎました。
    彼がライル君の前で「大事な人がいる」ことをアピールできようとは…

    雑誌で読んでいた、ティエ、アレルヤ君のエピも大好き。
    どちらも最後のページで泣きそうになりました。

    せっさんの短編は、ロックオンのものと対ともとれますね。
    せっさんは彼に大事なものを与えも奪いもしたのか…
    2期20話はどちらサイドで見てもやりきれない。

    やっぱり一番好きなのは、「空と大地のまじわるところ」。
    このエピとの「対」は、まさに映画ラスト。
    まさか空にも花が咲くとは…あああああ!

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年生まれ。漫画家・イラストレーター。
代表作に『LOVELESS』(一迅社)、『アーシアン』(集英社)などがある。漫画家としての活動のみならず、『悪魔のリドル』(KADOKAWA)の原作(作画:南方純)や、『機動戦士ガンダム00』、『UN-GO』のキャラクターデザイン、『うーさーのその日暮らし 夢幻編』の脚本を手掛けるなど、様々な方面で活躍。2015年に画業30周年を迎えた。

「2016年 『ダンガンロンパ十神 (中) 希望ヶ峰学園VS.絶望ハイスクール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高河ゆんの作品

機動戦士ガンダム00 in those days (角川コミックス・エース 293-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする