魔法戦記リリカルなのはForce (2) (角川コミックス・エース 247-4)

著者 :
制作 : 都築 真紀 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.04
  • (23)
  • (25)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔法きかなんだらいかにシグナムだろうともあかんらしい。全作中最も怪我して死に近い漫画やね。

  • 9784047155015 177p 2010・8・26 初版

  • "魔法戦記リリカルなのはForce"の第2巻。今までの"なのは"シリーズに比べて、だいぶハードなタッチで物語が進んでるような気がします。前巻では、大雑把な世界観とキャラのお披露目という感じでしたが、やっと細かい部分の設定が見えてきました。旧シリーズのキャラも参戦し、絵的にもだいぶ賑やかになってきました。ちょっと扱いがアレでしたが。でも、新しいファンを獲得するためには、このくらいのテコ入れも必要だったのかもしれないと思い始める、今日この頃。

  • そういえば、もはや魔法少女じゃないのね…

  • かっこいいお姉さん対決。

    二巻はこのひと言につきます。

  • ViVidとは違うベクトルの熱さ。新しい設定やら何やらいろいろでてきたので、用語解説は助かる。

  • 起動したディバイダーの圧倒的な力に敗れるシグナムとアギト。
    新兵装を手に、飛空艇フッケバインへの突入作戦を決行する特務六課。
    ”発症”してしまったトーマは一体どうなるのか。

  • 原作者の予告通り、だんだん話が重くなってきました。
    次巻が楽しみです。

  • うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
    シグナムがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
    続きが気になりすぎる・・・
    続刊はいつでるんだっ!?

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家、イラストレーター。宮城県出身。
漫画作品の代表作に『ORIGINAL CHRONICLE 魔法少女リリカルなのは The 1st』(原作:都築真紀)、『ゼロの使い魔 シュヴァリエ』(原作:ヤマグチノボル)、『シャイナ・ダルク ?黒き月の王と蒼碧の月の姫君?』(原作脚本:中山文十郎)等がある。
また、画集として『緋賀ゆかり 魔法戦記リリカルなのはForce画集』『緋賀ゆかり画集 15th ART WORKS』が刊行されている。


「2017年 『恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魔法戦記リリカルなのはForce (2) (角川コミックス・エース 247-4)のその他の作品

緋賀ゆかりの作品

魔法戦記リリカルなのはForce (2) (角川コミックス・エース 247-4)を本棚に登録しているひと

ツイートする