神宿りのナギ (2) (角川コミックス・エース 112-9)

著者 : 三部けい
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月25日発売)
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 56人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155329

神宿りのナギ (2) (角川コミックス・エース 112-9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • それぞれの組織と、思惑と、疑惑と…。
    アクションよりサスペンスになってきた?
    キャラも良くわからない上に口寄せと巫女の関係も把握しづらい…。

  • 出ないと思ってた二巻発売で小躍りしたものの、時間経ちすぎて話を忘れた(笑)

    それでもざっくり読んでみたが、相変わらずの安定感。

    女子の体型が完全に土偶なのはどうにかならんか…。
    昔はもっとシュッとした良い体を描いてたのになぁ…ぐす。

  • しばらく刊行が途切れて待ちに待った新刊だった。ここから「カミヤドリ」のストーリー進行が終局へ一気に加速していく。「大物喰い」の容疑者が次々と殺されていく。サスペンスだね。面白い。

  • 前巻のレドナを皮切りにまさか…という展開。
    今月発売の三巻で完結だそうで、カミヤドリから続くこのお話がどう終わるのか気になります。
    キャロス好きなので死んで欲しくないなぁ。

    人気漫画がひしめくエース本誌はすこし荷が重かったのかな?打ち切りな終わり方しないかだけが心配です。

  • カミヤドリ(前シリーズ)の伏線を色々と回収し始めた2巻。
    設定が色々ありすぎてとりあえず前シリーズを読み直そうと思いました。

  • 前作からのキャラがどんどん…(´;ω;`)

全6件中 1 - 6件を表示

神宿りのナギ (2) (角川コミックス・エース 112-9)のその他の作品

三部けいの作品

神宿りのナギ (2) (角川コミックス・エース 112-9)はこんなマンガです

ツイートする