シュガーダーク 埋められた闇と少女 (1) (角川コミックス・エース 98-18)

著者 : 大岩ケンジ
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年11月4日発売)
3.16
  • (2)
  • (7)
  • (17)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :130
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155565

シュガーダーク 埋められた闇と少女 (1) (角川コミックス・エース 98-18)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだ何とも。

  • まだ、話は始まったばかりな感じです。

  • 悪く無いんだけど、この話はやっぱ小説で読んだ方がいい感じ。

  • 面白くない

  • まだ話が動き出していないので、評価保留。

  • 原作小説既読。

    1巻の時点では、原作小説を読んでいない人には何がなんだがわからないかもしれない。それくらい、原作を丁寧に追いかけて描写しているコミカライズである。原作をほぼ削らず、あの世界観や重々しさを表現できていると思う。2巻が待ち遠しい。

    主人公ムオルがきちんと筋肉質に描かれていたり、メリアの眼が透き通る様に綺麗だったり、フードから伸びる足が細かったり。自分にとって大事なところが押さえられているのが嬉しかった。

全7件中 1 - 7件を表示

大岩ケンジの作品

シュガーダーク 埋められた闇と少女 (1) (角川コミックス・エース 98-18)はこんなマンガです

シュガーダーク 埋められた闇と少女 (1) (角川コミックス・エース 98-18)を本棚に登録しているひと

ツイートする