機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月26日発売)
4.10
  • (16)
  • (23)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 157人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784047155572

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 展示や解説につっこんだり諦観したりするカイの視点は、ファーストアニメを観てきたファンのものでもあるのだなあ。「そう来たか!」と設定のすりあわせも楽しく、伏線も気になる。しかしこれ、ファーストを知らない人が読んだらどう感じるんだろう。

  • サイドストーリーの真骨頂だわ!
    早く二巻が読みたいな。

  • テム•レイの回路の正体が明らかに 小ネタをよく拾っていてる 続きが楽しみだ

  • ある程度平和な時代、舞台装置のおかげで前シリーズに比べると随分ゆったりとしたイメージ。
    展示会自体になにか裏がありそうだし、早く次巻出て欲しいなぁ。

    個人的にハロのエピソード、最終話のアムロとカイの会話が大好き。

  • ファーストの「本当はこうだったんじゃねぇの?」とか。

    とにかくカイがたくさん見れて幸せだわぁとか。


    ファースト見たくなるね。
    そわそわ。

  • ん~、微妙なストーリー。
    前作、Zカイレポのドキュメンタリータッチが良かったのに。
    場面に「いま、まさに進行している」緊迫感が無くなってるな。

  • 機動戦士ガンダム。一年戦争においてホワイトベースのクルーであったカイ・シデン。戦後、ジャーナリストとなったカイが語る、"あの頃"のホワイトベース。そして、歴史となった一年戦争の現実。これは早く続きが読みたくなる。

  • 歴史ミステリーとカイ・シデンの青春の思い出が交差するストーリー。ガンダム30年の積み重ねが生み出した物語。

  • ことぶきつかさの絵柄に惹かれて購入。
    ガンダムについてはあまり深く知らないが、なかなかどうして楽しめました。

  • 初代ガンダムで当たり前だと思っていたことに対して、<br />カイが通常とは違った目線からの疑問を投げていて、<br />なかなか面白かった。

全14件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)のその他の作品

ことぶきつかさの作品

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする