長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.15
  • (43)
  • (53)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :584
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こういっちゃなんだが、正直メインのハルヒよりよっぽど面白い。

  • 立ち読みしたが、何がよいのかよくわからない。ほんとにこんなのでいいのか?

  • バレンタインいいよねぇ

  • 私が特に気に入ったシーンはやっぱ有希ちゃんがキョンにチョコあげるシーンですね。彼女の緊張した顔が初々しくてかわいかったです。あと朝倉さんがハルヒに怒ったシーンも印象に残りました。

  • 2015年からアニメ放送が始まるぷよの"長門有希ちゃんの消失"の第2巻。ちょっとした事に一喜一憂する有希が可愛すぎます。本編の有希が望んでいた有希の姿がココに。しかし、どんだけ天然さんなんだ。それを見守るお母さんみたいな朝倉さんも良いです。この二人の絡みは本当に微笑ましです。そして、物語的にもついにSOS団が揃います。本格的にハルヒや小泉くんが絡んで来ますが、はてさて、いったい北高文芸部はどうなってしまうのか。

  • クリスマス翌日、行き倒れた謎の少女は光陽園学院の生徒、涼宮ハルヒだった。他校なのにすっかり北高文芸部に入り浸る彼女らに振り回されながらも、バレンタインデーを迎える。「消失長門」が贈るラブコメディ第2巻。

  • 9784047155626 161p 2010・11・26 初版

  • 新キャラ(?)投入によって急激に話が動きやすくなった。ポッと出のはずの新キャラが不自然じゃないのは原作ものの強みだなあ。

  • あまりのラブコメに砂を吐くレベル。適度のギャグが入るからいいもの素だったら無理げー。

  • 2010/12/13購入・2011/03/12読了

    「長門有希の消失」のお話を知りたいと思いました。
    恋する有希が可愛くてしかたない。

全23件中 1 - 10件を表示

長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7)のその他の作品

ぷよの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7)に関連するまとめ

長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする