多重人格探偵サイコ (15) (角川コミックス・エース 23-32)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.63
  • (22)
  • (42)
  • (47)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 669
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雨宮 一彦=ルーシーなんでしょうか?
    でも、そうするとろくでなしってことにならないか?さらに、ルーシーが、若女に操られていたんなら、特別な力そのものもなくて、何でみんな、そんなものにこだわってるのかが謎な展開になってきました。

    いや、わたしが落としている情報があるのか?

    とりあえず、笹山さんは、友だちだから救いたいと思っているのかな?でも、友だちなのは、小林 洋介だっけ?

    だんだん、笹山さんの生き様を描く話になってきた気がしないでもない。

  • 面白くなってきてるなぁ、どんどん。まさかそことそこ、繋がってたの? ていう。清水のじぃさん、かっこいいし。青レンジャイになれっかな、徹くんは。(11/3/21)

  • 清水のじいさんが…

  • 最終巻が出たときに、一から読み直したほうがいいな。

  • もういまさら筆が遅いとかいっても仕方が無いですかね。
    15年で単行本薄いのが15冊。
    毎回待たされるわりには年々内容も薄くなってるような・・・(ガンアクションとカーアクションで一冊終わったな~)
    飛行機墜落以降は主人公の肉体も消えてもう何でもありみたいになってます。(結局普通の人間が一人もいない)

    ・・・・・・未読の方はきちんと完結してからまとめて読んだほうがいいと思います。

  • 結末はどうなる?

  • わっけわからんようになってきた

  • 刊行ペースが遅いので、話の流れを忘れてしまう(^_^;)
    あと、すでにだいぶ前から「探偵」ってタイトル、関係なくなってきてるよね。

  • 複雑怪奇(文字どおり)な話な上に、刊行ペースが遅いので、いったいどういうストーリーだったのか思い出すために、毎回1~2巻前から読み直す。
    で、ルーシー・モノストーンの話はどうなったんだっけ?

  • サイコは、国家のため、国家の革命を信じる
    失われた熱き想いを持つ青年たちへのレクイエムだ、
    と思う。
    国家の変革をめざす青年たちのための物語。
    2・26事変や明治維新……
    個人が国を変えるんだ、という失われた熱気が
    中2病ぽくて好きだ。

全24件中 1 - 10件を表示

多重人格探偵サイコ (15) (角川コミックス・エース 23-32)のその他の作品

田島昭宇の作品

多重人格探偵サイコ (15) (角川コミックス・エース 23-32)を本棚に登録しているひと

ツイートする