こばと。 (5) (角川コミックス・エース 45-19)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.11
  • (43)
  • (36)
  • (26)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 521
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻で、物語の背景がかなり明らかとなります。

    かつて五百祇は、一人の天使に心を奪われました。琥珀の後を継いで天界の「天使の卵」を孵すための歌を歌うその天使は、天界と異界の戦いでできた亀裂から漏れ出た戦いの余波を浴びた人間の少女を救うため、自分の魂を少女の中に閉じ込めます。五百祇は神に降伏し、天使の命を救う条件として、現在の姿になって小鳩がビンの中身を満たす手助けをすることになります。

    ところが、その小鳩が保育士の藤本のことを好きになるという、五百祇や玄琥が思いもかけなかったことが起こります。ビンを満たせば五百祇の願いは聞き届けられますが、小鳩は人間界から離れなければなりません。五百祇は、自身の願いを犠牲にしても、小鳩が自分の思う道を選んでほしいと願います。

    五百祇に後押しされて、小鳩はよもぎ保育園を救うため、ヤクザの沖浦に会うことを決意します。彼女が沖浦のところへ行ったことを知った藤本は、小鳩の後を追いかけます。

    壮大なストーリーと、小鳩たちの優しさが伝わってくる丁寧なタッチの絵が、何の違和感もなく一つに溶け合っているところに感動させられます。

  • 随分前に買っていて、読んでいたはずなんだけど、読み返してみたら、全くストーリーを覚えておらず…読んでなかったかな??

    いよいよ舞台背景が明らかに。小鳩の気持ちも、藤本の気持ちもはっきりして。だけどその恋が叶うといおりょぎの願いが…
    アンビバレンツな展開に続きが気になる!

  • 沖浦夫妻目当てで・・・。

  • 2013/07/28購入・08/18読了。

    小鳩と五百祇の正体が少しずつわかってきた。いおりょぎさんはいおろぎさんだったのね。元々。「Wish」の琥珀が法願頑張ってます。

  • こばとが藤本への想いを自覚しちゃった。
    でも、藤本は清花の事が好きだと知ってるから…。切ない。

    五百祇と天使の話も切ないなぁ。

    「Wish」との繋がりがこんなに深いとは…。
    黒燿と翡翠の事が、ああいう風に丸く収められてなかったら、こんな風になっちゃってたのかも…。

  • こばとの想いと、いおりょぎさんの想いが切ない。

  • こばとがついに自分の気持ちを知り、それがいおりょぎの進退に関わる。そしていおりょぎの過去やこばととの関係も明らかになる。ラストに向けて動き出した感じ。いおりょぎは愛されキャラですね(嫉妬)。

  • ビンをいっぱいにするまでの期限もあとわずか。
    こばとの中で藤本さんへの想いが確かなものになっていく一方で、こばとといおりょぎさんの「天使」の関係も明らかに…。

    い、いおりょぎさん~~~!
    こばとと藤本さんの関係もステキな感じに展開しててすごく良かったんですが、いおりょぎさんの過去がやばい!
    いおりょぎさん、恋してたんですね…!(ゴロゴロ)
    ってか今のこの状態、いおりょぎさん的にはすごい複雑なんじゃ…。うわーうわーどうなるの!
    こばとも幸せになって欲しいけど、いおりょぎさんにも幸せになって欲しい!
    これほどハッピーエンドを願わずにはいられない漫画は他にありませぬ。

  • こばとちゃんが…泣
    もうせつなくてせつなくて…どうなっちゃうの
    そして、少しづつ、いおろぎさんとの関係が分かってきたね

  • ビンをいっぱいにするまでの期間もあとわずかという中、藤本への気持ちに気付いてしまったこばとは──。

    もうすごく切なかった!こばとがはっきりと恋心を自覚して泣いちゃうとことか、さり気なくこばとを心配してる藤本さんとか、本当に切ない。この二人本当にいいなぁ。

    そしてようやく、いおりょぎさんの過去が明らかになりました。彼が天界に戦いを挑んでまで手に入れたかった天使のことや、それがどうして今の状況に繋がっているのかがやっと分かった。いおりょぎさんがいい男すぎて…好きだなぁ。

    ようやく藤本さんもこばとへの気持ちに気付きはじめた感じだし、次巻が待ち遠しいです。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1989年『聖伝 RG VEDA』でデビュー以来、『X』『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』『ちょびっツ』『×××HOLiC』など、少女誌・少年誌・青年誌の枠を越え、常に時代をリードする作品を生み出し続けている創作集団。

「2018年 『小説 アニメ カードキャプターさくら クリアカード編 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こばと。 (5) (角川コミックス・エース 45-19)のその他の作品

CLAMPの作品

こばと。 (5) (角川コミックス・エース 45-19)を本棚に登録しているひと

ツイートする