機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)

著者 : 安彦良和
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月26日発売)
4.19
  • (62)
  • (63)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :578
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047156012

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当は、原作と映画化で「あそこが違っていた」とかいちいちあげつらうのは好きではない。原作は原作、映画は映画と分けて考えたほうが楽しいからだ。しかし、この作品はオリジナルを意図して作っていることが明らかに恣意的で、テレビや映画版と比較せずにこの作品を楽しむことがほとんど不可能になっている。

    セイラ・マスがxxxxx(ここネタバレ)なんて、本当にびっくりである。こういうやり方もあるんですね。それに呼応するキシリアも面白い。ギレン殺害の時のセリフもうまく変更されている。

    脚なんて飾りですよの周辺事情も楽しかったです。さて、いよいよクライマックスか、さらにどんでん返しがあるか。

  • セイラさんは、本巻のような立ち居地を望んでいたのか、状況に流された面はあるけれど…。まぁ、安彦氏は貴種流離譚が好きなんだなぁ、と再確認した。でも、この改変に納得はしていないけど…。戦争の無情さや個人の無力さも、本編よりは迫力不足。

  • シャアとアムロのモビルスーツでの戦いはアムロ優勢で最後は相打ちとなった。それ以外の動きも面白い。キシリアがギレンを殺害した際にシャアの不敵な笑いが印象的で、キシリアの権力欲を利用しながらザビ家への復讐を成就しつある。シャアの策士ぶりは凄いなぁ。
    アニメではなかったセイラがダイクンの娘として放棄した話はなかなか興味深い。

  • WB突入と捕虜となったセイラの蜂起、キシリアによるギレン殺害で錯乱するア・バオア・クー。ギレンから拝領したMAジオングで飛び立ったシャアもアムロとの決戦に臨む。首と左腕の破壊されたガンダムが上方のジオング頭部に向かってビームライフルを撃つシーンが一枚絵で描かれていて格好良い。セイラの正体に戸惑いギレンの耳に入れようとするも上司に撥ね付けられるウィリーマッチョ中尉も良いキャラをしている。

  • マンションで読む。再読です。でも、面白い。

  • 読み終えて初めてわかった表紙の意味。

  • ということで読破。

  • ラスト・シューティングがかっこいい。

    ここでランバ・ラルの名前が出てくるのがしぶいよなぁ。

    「まだメインカメラをやられただけだ!」こんなこと言えるのはアムロだけ。普通に致命傷ですからそれ。

  • アニメと違う話になってきた!ギレンが死んだー!!

  • クライマックス! ラストシューティング! というわけで続き早く読みたい……!

全35件中 1 - 10件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)のその他の作品

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)はこんなマンガです

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)を本棚に登録しているひと

ツイートする