機動戦士ガンダムOOI 2314 (角川コミックス・エース 97-20)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047156180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 00Fがファーストシーズンの公式外伝で、00Iがセカンドシーズンの公式外伝、そしてこの00Iの4巻目に当たる00I 2314が劇場版の公式外伝に当たります。
    まず、イノベイターとは何かは大体が、先を読めたりと宇宙正規のニュータイプに似てますが、違うところが劇場版でも出て来たELSという存在、このELSとは何なのか?がこの巻の二話に載っており、突然、エルス化し、人間では無くなると言われてたのが、最終的に、それを受け止め、イノベイターとなったのが真のイノベイター、つまり、エルス化した人間で、様々な形に形状を変えることが出来、それを受け止め真実のありのままにするのがイノベイターの目的でもあった。という話ですが、これをどう受け止めるかが問題で、戦いの道具化すると、イノベイターの正しい使い方では無い訳でも無く、それをどう、周りの人がどうすれば戦いが無くなるのか?と思いましたね。
    まあ、ぶっちゃけ、全員、イノベイターに目覚めれば?と思うはずですが、イノベイターに目覚めるのも、エルス化するのもいつ、誰がどこでなるのかも予測のつかないものなのがこのダブルオーガンダムという話か...と思い、中々深い話だな...と痛感です。
    また、最後に別の作品のですが、ガンダムポータントのような機体も出て来ます。

  • 本来初めて語られる人類の謎に迫る

  • う~~ん、まだイノベイターがいたってことなのかな。本編とのリンクをあまり考えずに読んだほうはいいかも。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1961年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作は『機動武闘伝Gガンダム』、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』シリーズ、『ガンダムEXA』など多数。SDガンダムも含め、ガンダムシリーズのコミカライズを非常に数多く手がけている、ガンダム漫画の旗手。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ときた洸一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×