いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.83
  • (59)
  • (77)
  • (70)
  • (7)
  • (4)
本棚登録 : 832
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047156685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 設定も主人公も魅力的なのに、主人公が好きな男の子が台無しにしてる感じがする漫画。

  • かなりの弩合(←わざと)で少女マンガ
    主人公とその周囲の中学生らしさある良い意味での愚かしさが
    まっとうに描かれていて貴重
    駄神様連中はこまったものだがひとの程度を反映すると思えば残当(ざんねんでもありざんねんでもなし)

  • 【あらすじ】
    京都伏見に暮らす女子中学生・伏見いなりは、片想いの男の子に想いを伝えられない内気で少しおバカな女の子。ひょんなことから変身能力を手に入れたいなりの、京都を舞台に繰り広げる波乱万丈恋模様!?

    【感想】

  • 1巻まで所持

  • うか様可愛い。いなりの私服は幼過ぎるように見えて、これはこれで実情を捕らえているようにも見える。
    伏見稲荷大社と言えば馴染みの深い場所なので、取材力というか、素材を活かす力が際立っているように感ぜられた。キャラも上手く、背景の書き込みも細かいので、読んでいて楽しかった。

  • シリーズ読了して。
    ああいう終わり方ならあいぞめさんのレズビアン設定いらなかったよね、とそこが激しくモヤモヤして一気に冷めた。

  • ほのぼのした恋愛+不思議もの

  • ※感想は第9巻のレビューに。

  • 神様×変身ものとか好みすぎる。
    ただ仲良くなりたくて丹波橋くんの家にきたのに、橋本くんに変身してしまったら意味ないような。

  • 主人公がわたしの苦手なタイプで、1巻はどうかなって思ったけど、だんだんおもしろくなってきた。神様とお兄ちゃんの恋(なのか?)の行く末のほうが気になるけど。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2004年デビュー。代表作に『いなり、こんこん、恋いろは。』『天誅×神曲≪アイウタ≫』『色は匂へど』などがある。月刊少年マガジンには、本作『ダメなカノジョは甘えたい』で初登場。

「2019年 『ダメな彼女は甘えたい(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よしだもろへの作品

いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする