新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop (2)  贖罪の輪舞 (下)   (角川コミックス・エース)

著者 : 隅沢克之
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月26日発売)
3.80
  • (15)
  • (17)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :193
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047156746

作品紹介

AC時代のメモリーのひとつ、「トレーズ・ファイル」の中には、トレーズが弱者に拘るきっかけとなる事件があった。またヒイロの実の両親と育ての親の存在も明らかとなる。そして数十年の時を経て、人工冬眠用冷凍カプセルから目覚めたヒイロ。かつて「もう誰も殺さない」と誓った彼を待ち受けていたのは「リリーナ殺害」という任務だった-。過去と未来の話が交錯する『ガンダムW』サーガ、注目の第2巻。

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop (2)  贖罪の輪舞 (下)   (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トレーズの過去を中心に展開。

    過去とこれから起こるストーリー展開上の序章が続いている感じだが、読みにくさはない。

  • ☆$$前作同様。

  • 序章の後編。
    これでトレーズの過去話は終わり。
    前巻からそうだだが伏線も張られているようだ。
    この表紙のリリーナはいいですな。

  • エレガントに

  • ちょっと話がポンポン先に進みすぎというか、内容があんまないというか。。

    とりあえず本巻以降は物語が先に進んでいくんだと思うので、新しいガンダムの活躍を楽しみにしてます

  • そして相変わらず表紙のわりにリリーナ出てこなーい!
    基本この二冊でゼクスとトレーズの昔語りでした。
    MS黎明期における戦場の変化を中心に。あ、っていうかサイエンスフィクションってこういうことだよね。

  • 自分のガンダムWが好きだというのが客観的に見て、まだまだなんだというのがよくわかった。
    結局、話はほとんど進まず。
    続き買うしかなくなっちゃうじゃんかよ。
    あまり面白くなかった。

  • トレーズが多いなあ。

  • ガンダムWの続編。

    以前、あさぎ桜さんが描かれた漫画を読んでいると色々わかりやすいと思います。
    アディン・ロウの話、とか。

    とりあえずトレーズの過去話の補間が済んで次はゼクスの過去話。
    そうしながら現在の話も少しずつ進んでいく感じかな?

    まだ特にメインストーリーが進んでいないのでなんとも、ですが。

    今後と、カトキさんの新ガンダムに期待です。


    今回わかった事があったんですが。
    リリーナ様は耳が見えている時と見えていない時とで物凄い差がある。

    見えていない時がたまらなく好きです(笑)

  • リアルタイムで視聴していたので、妄想できましたよ。

全12件中 1 - 10件を表示

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop (2)  贖罪の輪舞 (下)   (角川コミックス・エース)のその他の作品

隅沢克之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop (2)  贖罪の輪舞 (下)   (角川コミックス・エース)はこんなマンガです

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop (2)  贖罪の輪舞 (下)   (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする