ブラッドラッド (4) (角川コミックス・エース 280-4)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.08
  • (23)
  • (33)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 378
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047157149

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014/06/16
    【やや好き】人造魔人:アキムは逃げるがブラッズに依頼されたベルによって捕獲される。 フランケンはブラッズの闇研究に手を貸すことになり、リズは人間界でスタズを監視する。 ブラッズが蘇生準備に取りかかるため殿堂魔界に帰った翌日、冬実が何者かに誘拐される。 居場所を突き止めるため実家に帰ったリズは殿堂ポリス:ベロスと会いブラッズを殿堂魔界王:ウルフダディの所へ連れていくつもりなのを知る。 ベルと冬実の関係が何かありそうなのとブラッズが何を企んでいるか目的は不明。

  • リズ可愛いなー。

  • “「お前なぁ…そうならそうと早く言えよ
    「帰るとこないから泊めて」くらいよ
    俺達一緒に兄貴にほったらかされてるって事だろ?
    だからこっちも全部ほったらかして楽しく遊べよガキんちょ」
    「…ほったらかして…遊ぶ…? それは…わるい子のする事だ」
    「何言ってやがる
    魔界<ここ>には悪い子しか居ねんだよ
    自分のわがまま通して一番好き勝手楽しんだ奴の勝ちだ 覚えとけ」 ”[P.120]

    リズちゃんが可愛い!!
    3人でソファに座ってるシーン好き。
    吉田君万能だな。
    皆服装が良いよねー。厚塗りのカラー絵も凄い好き。
    胸は遺伝?

    “「…もしくは…もう…殺<け>されたか…だ
    まったく…何してんだ俺…
    いつもそうだ…あいつが一回死んじまった時も…消えそうになってた時も
    俺はあいつの傍に居なかった…
    自分の目的にばっか夢中で あいつの事をちっとも見ちゃいなかった…」”[P.143]

  • あれ?話の核は何だっけ?と一瞬見失うんだよな、この話。

    現在も過去もウルフボーイが可愛くて可愛くて。
    あとオムライス食いたくなる。

  • 対アキム終結、兄貴の策略。
    パワーインフレがすさまじい。
    まぁバトルばかりしてるよりはいいかもしれん。
    ようやく空気ヒロインにもスポットが当たる。
    しかし相変わらず大切にされる理由がよくわからん。

  • 兄貴はただのブラコンなのか…?そして、いい奴なのか、悪い奴なのか…。

  • アニメ化とか?

    殿堂魔王ってウルフの親父かね

  •  内容的にはある程度キャラクターが出揃って一段落したのでここらで大ボスだしとくかてきなアレです。アニメ化もするようでもっと勢い任せの展開にならないように願っています。

  • ストーリーのバランスが好き。
    程よい友情確認、家族背景、陰謀と展開。
    伏線に関しては、まだまだこれからな感じですね。

全9件中 1 - 9件を表示

ブラッドラッド (4) (角川コミックス・エース 280-4)のその他の作品

小玉有起の作品

ブラッドラッド (4) (角川コミックス・エース 280-4)を本棚に登録しているひと

ツイートする