家族八景 上巻 (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-1)

著者 : 清原なつの
制作 : 筒井 康隆 
  • 角川書店 (2008年3月5日発売)
3.86
  • (9)
  • (14)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047250185

家族八景 上巻 (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清原なつのの絵が「家族八景」にこれほど合うとは思わなかった。収録作品:「無風地帯」、「澱の呪縛」、「青春讃歌」、「水蜜桃」(各前後編)

  • なんというか、この話の世界観と清原先生の世界観がすごく合っているような・・・。人間を好きすぎても絶望しすぎてもいないというか・・・微妙な覚め具合がなんともピッタリな感じがしてGood!

  • 筒井康隆原作のコミカライズ。人の心が読める能力を持った少女・七瀬がその力を秘めたまま、お手伝いとして様々な家庭に訪れる。

    家政婦は(無意識下を)見た。ふんわりした絵柄ですが、原作から滲み出る「他人の家庭」の厭な感じと、七瀬自身の「他人事な酷薄さ」が上手く表現されていて、単なる漫画化から一歩抜きん出たオリジナルな印象。思春期の女の子って残酷だ。

  • 筒井康隆の同名小説の漫画化。
    テレパシーをこんな風に絵で表現するのだと驚いた。
    あっさりとした絵柄がストーリーを引き立てる。

  • 七瀬の中に思考があふれる感じが原作よりおもしろく感じた

  • 「無風地帯」「澱の呪縛」「青春賛歌」「水蜜桃」

    簡潔で清潔な絵柄自体は原作のイメージからはほど遠い。今作の七瀬からは、小説の七瀬の自我を感じない。
    だからダメなのではなく、だから良い。
    原作を驚くほど忠実に再現していながら、一つの作品として見事に成り立っている。
    「水蜜桃」の表現は、小説にはない漫画の優位性を感じた。

  • 超能力者なんてなるもんじゃないです。ホントに

  • 清原 なつの版の「家族八景」です。
    かなり原作に忠実で、雰囲気も、原作そのままという感じですねぇ。

    けっこう、時代を感じさせられない物語です。
    まあ、お手伝いさんという存在自体は、あんまり、その時代から少なかった気はしますが……。

    で、原作に忠実なので、けっこう地味です。名作ですが。

    これは、読む人の年代によって、受け取り方はものすごく多重的になるのかも。

  • あの「家族八景」が清原さんの絵で読めるなんて!
    原作を思い出しながら読みました。

全9件中 1 - 9件を表示

家族八景 上巻 (KADOKAWA CHARGE COMICS 16-1)のその他の作品

清原なつのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
清原 なつの
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする