天啓のパルティア 黄昏の王が舞い降りる (B’s‐LOG文庫)

著者 : 真朱那奈
制作 : 薄葉 カゲロー 
  • エンターブレイン (2009年9月14日発売)
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 28人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260122

作品紹介

成人の儀を終え、正当な皇位継承権を得たハルバート。蛇毒が癒えきらぬ皇帝の代理で多忙を極め、なかなか会えない婚約者に、月の姫巫女パルティアは心配しつつもちょっぴりご機嫌斜めだ。そんな時、宮殿のお嬢様達のお茶会に、ガイエン大公の許婚だという少女が乱入してきた。彼女にいきなり"決闘"を申し込まれたパルティアは-!?ハルバートの秘密、セリオンの使命、パルティアの記憶…ガイエンの策謀により明かされていく真実に、恋人たちの絆は揺らいで!?風雲急を告げる第四弾。

天啓のパルティア 黄昏の王が舞い降りる (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了2/26

    物語の分岐点、
    真実を思い出し、
    憎しみと愛情の狭間に立つパルティア。
    それでも、ハルバートを好きなままでいるパルティアが可愛い。

    この1冊で、不快感を抱かさせてくれた人物もいましたが、
    終盤の行動で、彼らの恋も本当に切なかったのだと痛感。
    でもロリコンは良くない。

  • シリーズ4冊目。とても楽しみに読んでいるものです。磐石と思われていた婚約者との関係が不安定なものに!ああ~っ、どうなってしまうのだろう?しかも頼みの綱のセリオンまで・・・。ガイエンの策謀をどうやって切り抜けるのか! 続きが楽しみ。

全2件中 1 - 2件を表示

真朱那奈の作品

天啓のパルティア 黄昏の王が舞い降りる (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ツイートする