芋虫 (BEAM COMIX)

  • エンターブレイン
4.21
  • (88)
  • (71)
  • (36)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 783
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巷ではエログロナンセンスなんていいますが、ナンセンスかどうかはともかく、エログロの代表的テーマでしょうか、芋虫。小説のあとがきで、著者いわく「反戦をテーマにしてない」的なことが書いてあった記憶がありまして、つまり退廃的なエログロを混じりけなく描いたものであれば、その意思を反映したのがこの漫画なんじゃないかと思います。

  • 江戸川乱歩『芋虫』のコミカライズ

    活字を読まれた方、あらすじを知っている方はわかると思いますがストーリーの決め手となる三文字の言葉、またその光景が冒頭に描かれています。これは活字でなく、絵で魅せる漫画ならではの表現で個人的にとてもよかったです(活字はさらっとした印象でしたが、漫画は冒頭からそれを持ってくることによってより印象深くなりました)

    登場人物の表情が痛いほど美しく、切ないです。(特に其ノ参からラストにかけて、夫である須永中尉の表情。活字と同様、ストーリーは妻である時子がメインで描かれていますがこちらも絵で表現されているぶん活字ではわからなかった須永中尉の心情、表情がわかりやすく描かれています)

    漫画という性質上、活字よりわかりやすいのはもちろんですが活字の世界観を壊さず、丁寧に美しく描かれている作品だと思います

  • 原作は1年以上前に読んでいたが、あの怪しい(かなりエログロそうな)作品の印象が気になり、漫画でも読んでみた。かなりエログロだった。乱歩はこの作品を通じて、夫婦の間の愛の形(最後は衝撃的)や戦争批判をしていたのか?

  • レトロ感が好きで初めて見た丸尾の作品。活字で読むより画の方が話に入り込みやすかった。キモエロが苦手の人には無理だけど、そんなに強烈ではないと思う。

  • あの三文字を思い出す度に泣きそうになる

  • 江戸川乱歩の原作も読み、映画の『キャタピラー』も鑑賞した上で漫画を読んだ。
    エログロではあるが、切ない。

  • グロいグロいと言われている本作を目的に借りてみた。
    うぅむ、そこまで、か?
    嫁もそんなに嗜虐思考に溢れてはいないし。爆発はするが。
    途中挿絵があり、それは確かに恐怖を煽られた。
    それよりも人間の心理葛藤を描いたなかなか深い短編であると感じた。

  • お友達にお勧めされて購入。江戸川乱歩と丸尾末広の異色のコラボ作品。醜く美しく儚い。エログロな作風が強いので、苦手な方注意ですが、是非ラストまで読んでください。

  • 流石としか言いようのない作品です。
    全体の構成からコマの一つひとつまで丸尾先生の感性が活きています。
    どのコマを切り取っても画になります。書き込みも半端じゃないです。
    そんな狂気的なところも「芋虫」という題材にピッタリで、もう・・・最高です。

  • 2009/11/21購入。
    2012/02/20/Mon.(同日読了)

全63件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

芋虫 (BEAM COMIX)のその他の作品

芋虫 (ビームコミックス) Kindle版 芋虫 (ビームコミックス) 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする