芋虫 (BEAM COMIX)

  • エンターブレイン
4.21
  • (88)
  • (71)
  • (36)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 783
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校時代に読んだ原作はうまく消化できなかったが、これを読んでから小説を読みなおしました。素敵。

  • 大傑作。
    大乱歩の残した精髄を吸い上げ描き出す筆力。
    何カットも何カットも素晴らしい構図がある。

  • 漫画と呼ぶのが躊躇われるほど綿密な絵。
    乱歩の世界を表現できるのはこの人だけだと
    思わせることのできる仕上がりです。さすが丸尾末広。

    原作よりもエロ描写がきつかったなあ・・・。
    原作にないバナナのシーンは思わずこみ上げてしまいました。
    それ以外はどこまでも原作に忠実な描写でした。
    忠実だからこそ、ラストにはまた泣かされてしまいました。
    乱歩も丸尾もどっちもすごい。
    エログロ苦手な方にはお勧めしません。

  • あっと言う間に読み終わっちゃった

  • 丸尾氏の描いた乱歩短編「芋虫」。
    この幻惑なる眩めく世界。

    戦争によって、
    四肢を失った軍人を、
    介抱する妻。
    まるで「芋虫」になった夫を、
    どう思うか。

    これは異常であり奇異なものがたりではあるが、
    ひとつのうつくしい愛のものがたりでもある。

    剋目すべし。

  • そんなバナナ!グロ少なめで読みやすいです。

  • 重たい…。
    流石です、丸尾末広。

    パノラマ島に続き、購入して正解だた。

  • 江戸川乱歩の短編「芋虫」を丸尾末広が漫画化。原作よりもエロ要素がドギツい印象。
    緻密な絵柄でグロテスクなモノを克明に描写する丸尾の作風は、確かに江戸川乱歩と表現のベクトルが似てるかもしれない。

  • とりあえずエロかった。

  • まず初めは原作である江戸川乱歩の芋虫を読んで泣いて。二度めはないだろうと本書を読んだらやっぱり泣いてしまいました。エログロよりももっとエロ、なのに美しい。最後の『ユルス』は本当に哀しくなります。

全63件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

芋虫 (BEAM COMIX)のその他の作品

芋虫 (ビームコミックス) Kindle版 芋虫 (ビームコミックス) 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする