芋虫 (BEAM COMIX)

  • エンターブレイン
4.21
  • (88)
  • (71)
  • (36)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 784
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はじめに芸術的です。人間の醜さの終極が美にあるように、これはすごいとおもいました。乱歩と丸尾さんの組み合わせは怖いです。いろいろな意味で。

  • これまた江戸川乱歩の強烈な短編を漫画化した作品。

    原作は過激な描写は発表された時代柄か伏字で伏せられて、ヒドイところだと何が何やら全く分からないシーンなどもあったが本作はマンガ。そんな手ヌルいマネはせずガッツリ過激な描写を丸尾末広流のリアルなタッチで描ききっている。

    エログロ耐性の無い方以外なら是非手に取って読んで頂きたい作品。今までに無いマンガ体験を味わえます。

  • 乱歩を漫画化するならこの人しかいない。乱歩のエロさとグロさと不気味さがここまであっているのは丸尾さんだけ。

  • 江戸川乱歩の「芋虫」を漫画化。
    原作の雰囲気をよく出せている。

  • 立ち読み:エログロの世界。
    先輩から借りる:偏愛だけどわかる

  • 情とエロスを描かせたら丸尾先生は無敵。

  • 乱歩の短編を丸尾色に見事に昇華させていた。原作よりエロティック。もう画は芸術の域。個人的には『芋虫』よりも『ジョニーは戦場に行った』の方が救いがないので好み。

  • マジで夢に出た。-『芋虫』
    http://d.hatena.ne.jp/kojitya/20100614/1276466196

  • エグい。グロイ。

    丸尾末広、という名前は
    某女装ロリィタさんのトコロでしばしば聞いていたのだけど
    こういう絵柄の人なのね、
    昭和を想起させるような。
    アレだね、
    メリーのインディーズ時代のジャケイラスト描いてたんじゃないかな。
    知らないけどそんな感じ。

    話は元々乱歩原作のもので読んでいたので
    話自体は知ってた。
    それが絵になるとこんな感じですよーっていう。
    最近の萌え絵なんかじゃ表わせないと言って良いのか
    ……嗚呼、芋虫は描けないだろうな。
    絵に表すのはこれだけなんだろうか、
    他の作品にも手を伸ばしてみて欲しい。
    映像化が出来たんだから絵化も出来るだろう、ということで
    暗黒星を期待しています。
    若しくは
    映像化された芋虫を
    誰か、
    あのストーリーで描くことって無理だろうか。
    映像だからのあの綺麗さなのか。
    エグいんだけど、
    凄く綺麗で、
    演技者がヤバイんだとは思うけど
    あっちへの欲求のが強くなってしまうなぁ。

  • 最後が切ない

全63件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

芋虫 (BEAM COMIX)のその他の作品

芋虫 (ビームコミックス) Kindle版 芋虫 (ビームコミックス) 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

ツイートする