魔王城三限目 (ファミ通文庫)

著者 :
制作 : 鉄雄 
  • エンターブレイン
4.22
  • (9)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260931

作品紹介・あらすじ

魔王にもなり得る魔力を秘めた「魔人」たち。けれどその力を良い方向に向ければ、英雄にもなれる。その思いを伝えたいと、今日も今日とて苦心しながら授業を進めるエイゴだったが、一番年下のユーニィはまだ五歳。なかなかうまくは伝わらない。悩むエイゴの前に、あるチャンスが訪れるが…。悲劇の種は、その時既に撒かれてしまっていた。王都の陰で渦巻く様々な思惑と陰謀。そしてついにある組織の手が、ひとりの少女へと忍び寄る-。急展開第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝未さん、まさかお亡くなりになられたとは…。
    考えうる限りで最もショッキングなイラストレーターの変わり方。
    ご冥福をお祈りいたします。
    新しく変わった鉄雄さんのイラストも好き。

    アプリールにも過失があるわけではないのに、悲劇を巻き起こしてしまうなんて。
    迫害されるからこそ温室の中で善意だけで育ってきた結果だとしても、それはあんまりすぎる。
    そんなときこそエイゴが何とかしてくれないかな。
    楽団のお姉ちゃんも活躍もとい暗躍してきているし。
    何と第三勢力も登場!?
    結構カオスな展開になってきそうな予感。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第5回エンターブレインえんため大賞受賞作「吉永さんちのガーゴイル」で2003年にデビュー。ファンタジア文庫では「本日の騎士ミロク」「デーゲンメイデン」などを執筆。

「2017年 『異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田口仙年堂の作品

ツイートする