テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

  • エンターブレイン (2009年11月26日発売)
4.15
  • (1545)
  • (1526)
  • (713)
  • (102)
  • (16)
本棚登録 : 9816
レビュー : 1277
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047261273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このマンガ、かなり面白いというのは噂には聞いていたが──

    註:このレビューはマンガではありません。今日日比谷で見てきたこの映画の面白さを伝えたいなということで。

    GW中に遠出する予定も無くなったので、久々に映画館に足を運ぼうと、先日ヤフーニュースでイタリア人に大受けしたとの情報を知ったこの映画を二日前にネットで予約。
    予約してから観に行って助かった。
    朝一番、9時20分開始というのに切符売り場には行列。
    しかも観終わった後の帰り際、まだ昼前なのに再び切符売り場を通ったら、係りのアナウンスが
    「今から切符を購入されても夜7時の回になります」だって。
    もう大人気。

    ネットの予告編も面白そうだったし、東京walkerのレビューを読んでも、皆が「面白かった」と書いていたものだから、期待していたが……。

    ホントに面白い映画だった!!
    『濃い顔一団』と『平たい顔族』の対比が。阿部寛の表情が、演技が。
    阿部寛が役者としてデビューしたのは何年前になるのだろう。
    確か本来はメンズノンノの専属モデルだったはず。
    “背がかなり高くてちょっと男前で顔がでかいくらい”にしか思っていなかったが、こんなにすごい役者になるとは。
    当時は全く想像できなかった。
    しかも二枚目路線ではなく、三枚目のコミカル路線でこそ、その演技力を発揮。
    ウディネーゼ映画祭で、彼の濃い顔、濃い演技がバカ受けだったというのも分かる気がする。
    とにかく笑えた。
    私の前に座っていた女性など、10分に1回は大きな声で笑っていたのじゃなかろうか。
    それほど面白い。
    帰宅してから、amazonにマンガを注文しようかと思ったくらいだ。

    映画では原作にないキャラの女の子を登場させ、それなりに上手に原作を料理したと思うが、あまりシリアスさにこだわらず、ただただ爆笑という作品でも良かったような気もする。

    行くまでは全然知らなかったのだが、作者のヤマザキマリさんが映画のために書き下ろしたという特別篇のマンガも掲載された、100万部限定配布のB6版36Pの冊子ももらえたのはとてもラッキーだった。
    この冊子、かなり読み応えがある。
    阿部寛×上戸彩インタビューや、『3分でおさらい、ローマの歴史』などもあるし。
    この冊子だけで500円分くらいの価値はある。
    映画館に観に行くなら、これが無くなる前に、お早めに行かれるのがおトクかと。

    • yuu1960さん
      人気漫画を急に映画にして、面白かった験しはないと思ってました。
      レビューというか映画評、有難うございました。
      人気漫画を急に映画にして、面白かった験しはないと思ってました。
      レビューというか映画評、有難うございました。
      2012/05/16
    • miyabijudiceさん
      また花丸&コメントありがとうございます
      ∩(´∀`)∩ワァイ♪。
      コメントに対するコメントはできないんですね。
      なんだか使いにくいですねブク...
      また花丸&コメントありがとうございます
      ∩(´∀`)∩ワァイ♪。
      コメントに対するコメントはできないんですね。
      なんだか使いにくいですねブクログ。
      話の内容は続いているのに何だか書き込む場所が飛び飛びで、なんかしっくりきませが・・・・。

      テルマエロマエのレビューを見つけたのでこちらに書いてます。
      阿部寛さんは私も大好きな俳優さんでして。
      この役は今までの彼にはない、お笑い路線でしたね。それだけでも衝(笑)撃!?なのに
      前半はほとんど裸のシーンばかりwww。
      しかもあの表情がおかしかったですね~
      私も普段は映画を見て、声を出して笑うことはあまりないのですが、この作品は笑ってしまいました。


      プロフを見て三谷幸喜さんもお好きだと知り、
      映画「ステキな金縛り」ご覧になりました?
      これもかなり笑えます、そして一部ホロリとします。もしまだでしたらぜひご覧になってみてください。
      お好きなんじゃないかと思います

      そしてテルマエロマエ、ステキな金縛りどちらもレンタルもありますよ。

      もしローマの歴史なんかがお好きなら、これも私の本棚の映画のコーナーの3ページ目にある「ROME」がお勧めです。かなり長い作品で、お笑いの要素は一切ないですが、歴史に忠実で面白いです。ハリウッド版の大河ドラマに近いでしょうかね。でもこれは好き嫌いがあるかもです

      ご職業はライターさんですか!
      なるほど納得(*′д`*)ウンウン、さすがです
      2012/12/14
  • 阿部寛主演で映画化されたということで読んでみました。
    着想はとても面白いです。確かに「風呂」は文化なんですね~。
    まだ1巻を読んだだけですが、このパターン化をどう打ち破っていくのかという所に興味がわきました。(笑)

  • 久しぶりに読み応えのあるマンガに出会いました。映画化もされるそうですが、そちらも楽しみです。ローマ時代と現代の日本を『風呂』によってつなげる男・ルシウス。彼の活躍ぶりに今後も目が離せません。

    2011年から2012年の初頭にこのマンガをむさぼり読んでおりました。これがきっかけで僕は長年気にはなっておりましたが放置していた塩野七生の『ローマ人の物語』に挑戦してみたいとさえ、思ったくらいです。

    物語は荒唐無稽なようで納得もさせるものもあり、主人公の建築技師のルシウスがお風呂の中でおぼれては『平たい顔族』と彼が言うところの現代の日本にタイムスリップをし、日本のさまざまな風呂の文化に触れながら、 自身の風呂のイマジネーションに役立てていく、というお話です。

    彼はフルーツ牛乳にヒントを得て失業中の身の上から一気に人気建築技師になったり、日本の温泉に使って食べる『温泉玉子』や熱燗をヒントに仰せ使われた難問奇問を解決したりと、まさに縦横無尽の活躍を見せてくれます。そこに描かれているのは、彼の愚直なまでのまっすぐさと、風呂というものに対する熱い想いでした。純粋に彼のような人間を応援したくなるというのは、僕だけではないと思っております。

  • AD129年ローマ。
    現代社会の忘れた古き良き公衆浴場を再現しようと
    奮闘するルシウス。
    行き詰まりつつ、静けさを求めて湯の中に
    体を沈め、妙な排水溝の仕組みを調べようとして
    吸引され、たどり着いた先は…。

    平たい顔族の奴隷風呂!?[笑]

    牛の乳に温帯の甘い果実の汁が加わったかのような風味、
    雪のような冷たさ、湯上がりのほてった体に
    染み込む柔らかな味…フルーツ牛乳![笑]

    夢だけど、夢じゃなかった!!
    わーい、トトロ~[笑]

    見た目には我々ローマ人よりはるかに
    下等な人種に思えてならぬ…
    平たい顔族ふんだりけったり[笑]

  • 最初はコンビニで表紙だけ見た時アルキメデスの伝記かと思った。封されててあらすじも無かったので買わず。最近たまたまこれのゲームをしてたら親がタイトルを知ってて映画になったのを知りあらすじを聞いて即買いました。古代ローマの風呂設計士が現代日本にタイムスリップしてしまい、日本の技術を学んで元の時代に戻り導入して凄い話題になる流れです。

  • 話題につられて買ったマンガ。
    「平たい顔族」ってセリフがあるたびに、吹き出してしまうんだよな

  • 面白いけど、顔と名前が一致しない。カタカナ難しい!

  • (DVDがないので、まんがを登録します)
    映画館で見ました。
    期待通り、本当にばかばかしい映画だった。フェリーニも使ってたというイタリアの映画村?のローマ帝国のセットがすごい。上戸あやちゃんの役は、なんか無理やりっぽいけど、彼女がいないと登場人物は裸のおじさんしかいない事になる訳で…映画的にしょうがないか。

  • 温泉行きたい

  • 面白すぎ(笑) 
    古代ローマ人の浴場文化と日本のお風呂の伝統とがこうも結びついてしまうとは! その斬新な発想と次々と結び付けられてしまう古代と現代のお風呂事情に脱帽です。
    現代日本が過去の日本と結びつく作品は数あれど、古代ローマ人が現代日本に、しかもお風呂からお風呂へ限定でタイムスリップしちゃった・・・・・・って、なにその超限定的なタイムスリップ能力はっ!?(笑) 斬新すぎて、SFなのかファンタジーなのか、ギャグなのか、歴史物なのかすらわからない(笑) しかも、これほど斬新な発想から始まる漫画なのに、現代日本でも古代ローマ人の主人公はきちんとラテン語のまま押し通す所は、漫画特有のご都合主義に甘えることなく、その上で冷静に現代日本のお風呂文化や様式美を読み取っていくという妙に地に足のついた安定感を見せる(笑) 日本人でも今まで気付かなかったような日本の伝統の良さや、古代ローマ人であるが故に生まれる勘違いや行き違いも含めて、妙に面白おかしい珍道中が巻き起こる・・・・・・んだけど、なんだかんだと言いながらも、大体が、お湯につかればそれでいいのだ! 的な超ご都合主義的な解決に終わるので、本当かよ!? 古代ローマって本当にそうなの!? と思って、逆に古代ローマが気になって、いや、逆に心配になって仕方がなくなってしまう。くそう、これはきっと何かの罠に違いない。ていうか、本当にそれでいいのか、古代ローマ人達よ(笑) とはいえ、お風呂事情を通じて彼の眼から見た現代日本は現代の外国人から見た日本にも多少は通じているような気もする。物語が進むにつれて、ルシウス(主人公の古代ローマ人)がだんだんと日本文化(彼の中では『日本文化』という認識はなく『平たい顔族の国』としか認識はないのだが)を理解していくほど、ゆくゆくは「ダーリンは外国人」路線へと漫画の方向性が突き進んでいくのでは? と、最近の展開を見ているとなんとなく思えてきたりもする・・・・・とにかく、今後の展開に期待!

全1277件中 1 - 10件を表示

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)のその他の作品

ヤマザキマリの作品

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)に関連する談話室の質問

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする